smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
profile
recommend
recommend
鑑定のお申し込み

占いの鑑定とご相談は

こちらから

携帯専用サイトは 

こちらから

開運の方法
掲示板を開設しました

アクセスはこちらから

読者の皆様の交流の場にしてください
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

神霊スポット・概論2

 今日は朝から雨ぐうたら管理人がこのところ毎日のように投稿していることが原因か?(――;)とうとう管理人も天気を左右できる程の偉大な霊能力を身につけたか!と考えてみたり・・・

 能天気だけかと思っていたらとうとう妄想まで抱くようになったかと陰の声、もしかして1999年の人類の危機を救ったのは管理人が霊能力を持ったからか?(ちなみに自動書記が始まったのは1998年の秋です)と管理人の妄想は続く、もうほかっておこうとの陰の声

 とまあ、馬鹿な話はこれまでとして、やけに妄想から抜け出すのが早い!きっとつまらぬギャグが原因でランキングが落ちるのを気にしているのではないか?と疑惑の視線・・うろたえる管理人。やっぱりと納得する周囲。話題を変えましょうといつもの管理人。

1概論を書く理由
 さて今回は前回の続きを書きます。別に管理人が神仏を霊視したり、神仏から言葉が降りた神社仏閣の名前を書くことやこれまでに霊障を解決していただいた神社仏閣を書くことは簡単なのですがそれではご利益ガイドと大差がなくなってしまいます。

 管理人はご利益ガイドの類を馬鹿にしているのではありません。管理人も随分とお世話になっておりますがこのサイトを訪れられる方は霊能者としての観点てらのお勧めスポットだと思います。

 しかしどんな霊格の高い心霊のおられる場所でも心霊に祈願が届かなければただの観光地と同じでしかありません。そのため心の法則を無視して書くことはできないのです。

2神霊スポットが遊園地?
 例えば京都の東寺は日本でも有数の神霊スポット(仏に対して神霊との言葉はおかしいですが霊格の高い心霊の意味で使用してます)であると管理人は考えていますが管理人が訪れたときには開放された境内の一部が幼稚園の園児たちの遊び場となっていました。

 更に境内は観光客で溢れ、修学旅行と思われるの学生団体も騒ぎまくっていました。また頂いた資料では開放された境内の一部で毎月縁日も開催されて露天商の店が並ぶとのことが資料に掲載されていました。そのためそのときの管理人を霊視されたならば不動明王に見えたのではないかと思います。

 管理人は真言宗の信者ではありませんが一応霊能者ですので東寺に祭られている仏がどれほど偉大な仏であることかは分かります。特に立体曼荼羅が安置されているお堂や薬師如来と日光菩薩と月光菩薩が祭られている金堂はあまりにも恐れ多くて拝観すること自体を躊躇しました。

 このレベルになればお堂に入らなくても外からその霊威は充分過ぎるほど伝わってきます。一般の方からするならば仏教芸術の最高峰の作品としての価値しかないかもしれませんが多少なりとも霊能力を持つ者であるならばその場でひれ伏すほど偉大な仏たちがそこにおられるのです。


3敬意の念
 本来であるならば管理人のような煩悩の塊のような人間が拝観させていただけるような仏ではなく、ただ遠くから拝礼させていただかなくてはならぬ仏であると感じていました。

 これは管理人が霊能者であるからそうのように思ったのではありません。東寺は古い歴史を持つお寺であり、多くの修行僧の方々が修行された聖地なのです。その聖地に足を踏み入れる以上は少なくとも仏に対しての敬意を持つことは最低限の条件であると考えます。

 神社仏閣を維持していくために観光地化することも必要であり、また観光として訪れたとしてもそこで何らかの仏との縁を持つことの意味を否定するつもりもありませんが神仏に対しての敬意を持たなければ管理人が霊能者としての立場からどんな偉大な神霊スポットを紹介したとしてもただの観光地でしかありません。

4最低限のマナー
・境内での写真撮影をしない
 どうしても撮影する必要がある場合には許可を得る
・寺院に参拝する場合には数珠を持参
・お賽銭はケチらない
・宗旨の作法を無視しない
 浄土真宗のお寺なのに般若心経を称える人が時々います
・ご本尊や祭神(祭られている神様)の名前を調べておく
 社務所にて聞けば教えてくれます
 ご本尊が不動明王なのに南無阿弥陀仏と称えたりする方が時々います

 とここまで書いて疲れたと一休みする管理人。何回目の?と突っ込む陰の声。思わず指折り数えてみる管理人。やっぱりぐうたらだとの陰の声。しかし電話がならないなとぼやく管理人。もしかしてこれかかされたのではないかと今頃気付く管理人。
 何かよそよそしい雰囲気を感じる管理人。やっぱり!そう霊能者はただ働きさせられるだけで何の役得もないのです。管理人もどこかの占い師のように女性を騙してハーレム・・雷やっぱりだめですかと落ち込む管理人でした。


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックしてください。


  

at 11:18, 星 良謙・子授け地蔵, 神霊スポット

comments(0), trackbacks(0), pookmark

神霊スポット・概論1

 昨日検索途中にランキングサイトにアクセスしてしまいましたのでこのサイトの順位を確認しましたところ、2位になっておりました。皆様の有り難い投票の結果であり、厚く御礼申しあげます。m(_ _)m
 またGoogleのPageRankが3となりまた。これも皆様の有り難いご支持の結果であり、再度厚く御礼申しあげます。m(_ _)m

 何か冷たい視線が・・何か、疑惑の視線が・・本当は自分の力だと思っているのではないか?との疑惑の声が・・ドキ!と一瞬狼狽する管理人。ああ、やっぱり!と陰の声。そんなことはありませんと必死に疑惑を否定する管理人。ますます強まる疑惑の視線・・・

 こんなときは否定すれば否定するほど疑惑は増大することから話題を変えましょうとその場を取り繕う管理人です。

1神霊スポットの原則
 さて今日は神霊スポットについて書きます。基本的に神霊スポットと言っても特別な場所があるわけではありません。今日のように日曜日ならば多くの人が参拝する名刹や古刹が神霊スポットと考えてください。

 ただ管理人の霊能者としての経験ではその神社仏閣の神霊の霊格は歴史の古さに大きく影響される傾向があるようです。つまり古い歴史を持つ神社仏閣はその神社仏閣が現在は廃れていてもそこに高い霊格を持つ神霊がおられることはよくあります。
 またこれは当たり前のことかもしれませんが格の高い神社仏閣にもやはり高い霊格を持つ神霊がおられる傾向があります。

2お寺の場合
 お寺の場合でしたならばその宗旨宗派の本山は別格であるとしても別格本山や準別格本山、中本山、別院などが一つの目安となります。

3神社の場合
 また神社の場合には延喜式神名に乗っている式内社と乗っていない式外社
にまず分かれ、式内社は更に官幣社・国幣社に分かれます。さらにその下に府社、県社、郷社などがありますが式内社が一つの目安となります。

 式内社のリストを掲載しているサイトがありましたので詳しくはそちらで調べてください。但し、住所は旧国名になっています。

 北川研究室 式内一覧

4霊格と霊験
 一般的に霊格が高い神霊とは霊験顕たかな神霊であると思われるでしょうが霊格の高い神霊を参拝することでご利益で得られるとは必ずしも限りません。

 例えばあなたの身内に警察署長がいたとしてあなたが不祥事を起こしてしまった場合にその不祥事をもみ消してくれたとするならばその警察署長は人間として徳がある人物でしょうか。

 また同じように県庁の幹部や国の機関の幹部に親しい友人がいたとしてあなたにだけ特別に便宜を図ってくれるとしたならばその人物は優れた人物であると言えるでしょうか。

 神仏でも同じことです。霊格が高くなればなるほど祈願する人物には自分に対する厳しさが求めれられるようになります。ですから高い霊格の神霊に頼めば自分の願いが実現してもらえると考えるべきではありません。

5ご利益を得るコツ
 基本的に神霊に祈願が届くか届かないかは祈願する人の心の状態に大きく左右されてしまいます。神道系の神霊から必死に祈ることと一心に祈ることは異なるとの教えをいただいたことがありました。

 大半の方は必死に祈られることはあっても一心に祈ることはほとんどありません。それが一所懸命に祈られても祈願が神霊に聞き届けられない最大の理由ではないかと思いますがこの違いを説明するのは結構大変です。

 仏教系の場合にも祈願が届くか届かないかは祈願する人の心の状態に大きく左右されてしまいますが管理人の霊能者としての経験としては修行を重視される傾向があるように感じます。

 また同じ仏教ではあるとしてもその宗旨にて何を重視されるかは異なることからお参りするお寺の宗旨の教えを学ぶこともご利益を得るには大切なこととなります。

 例えば管理人は真宗大谷派の門徒ですので他力の教えは比較的馴染みがありますが聖道門の教えにはあまり馴染みがありません。そのため聖道門の仏から他力門の教えに偏りすぎた心であるとお叱りを受けることがあります。

 真宗などの他力門ではご本尊は阿弥陀仏ですが真言宗などの聖道門のお寺でも阿弥陀仏はおまつりします。管理人としては素通りするのも申し訳ないと下手糞なお経を読みますと何故仏を人に求めるのかと何度かお叱りを受けました。

 これは宗旨の教えの違いであり、別にどちらが正しいと言うべきことでもなく、その教えの違いも理解しているつもりなのですがどうしても他力門の考え方の気持ちのままでお参りしてしまいます。

 管理人は霊能者ではあるとしても宗教家ではありません。そのため教えを説くとしてもそれは神仏の言葉をお伝えすることでしかできませんのてで各宗旨の教えに関しては「霊界通信・脱新宗教」のサイトをご覧になるか、管理人の著書をお求めになってください。

 ここでふと管理人は霊能者を自称している自分に気付く!まずい!管理人は占い師ではあっても霊能力を売りにはしていないと言っていたはずなのに!!何故こんなことになってしまったのかと落ち込む管理人です。

 しかしそこに更なる追い討ちが!「霊能者のひとりごと」のタイトルを付けたのは何処のどいつだ!と陰の声。何の反論もできずに更に落ち込む管理人でした。


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックしてください。


at 12:15, 星 良謙・子授け地蔵, 神霊スポット

comments(0), trackbacks(0), pookmark

心霊スポットと神霊スポットは紙一重

 もうすぐお雛祭りと言ったところで管理人には何の関係もなく、雛人形に赤札が張られ、スーパーの店頭には雛菓子や菱餅なとが山積みにされているのを何の感慨もなく並べられているのを見るだけのことの日々。う〜ん、これていでいいのかと悩んでみても意味がないのでさっさと忘れます。

 ついでにジーコジャパンも新聞では不安視されているのも忘れることにしていよいよ始まるWBCのこともまとめて忘れることにします。そうでないと勝敗などを占ってしまったならば一ファンとして楽しめなくなってしまうのです。そんなつまらぬことをしないためにも忘れるのが一番!と勝手に決めています。

 昨年の知り合いに頼まれて仕事のことを占ったのですが易に興味を持ったことから少しばかり教えてあげたところ暫くその知り合いがはまってしまってあれこれ占っていました。そのときに知り合いから中日が優勝できるか占って順序が違うとの卦を得たと聞きました。

 当然その卦の意味ぐらいは直ぐに理解できるのですが一ファンから一占い師になってしまうと楽しくなくなってしまうのです。ファンとしては駄目だと分かっていても期待したいので占いたくないのです。

 とまあ、無駄な話はここまでしてお題に入ります。

1.興味本位の心霊スポット
 先日あれこれ検索していたら心霊スポットを紹介しているサイトがあることを知りました。アクセスはしませんでしたがそんなサイトで心霊スポットとして紹介されたならばその土地に住んでいる人たちはたまったものではないだろうなと心優しい管理人は考えていました。

 俗に心霊スポットだとか魔界の入り口だとか言われている場所はあるようですが管理人の体験としてはそれらの場所よりも恐ろしい場所は何箇所かは知っています。無論具体的に公表はできませんが多くの人が考えるような森や崖など昼尚暗い場所ではありません。至って健全で土日祝日ともなれば混雑する場所です。

2.神霊スポットはやっかい
 管理人の性格がひねくれているためか心霊スポットならば何も怖くはないのですが神霊スポットとなると実に恐ろしい。お賽銭をケチると怒られるわ!お経や祝詞を手を抜くと怒られるわ!気が付くと目の前に不動明王が立っていてるわと実に恐ろしい!

 過去に依頼人と共に不動明王をまつられている古刹や名刹を祈願して歩いたことは何度かありましたが大半の依頼人は途中で悲鳴をあげました。お力は強い方は多いのですがその分荒療治の仏が多いのです。

 話を戻しますと霊験あらたかであると評判の高い神社仏閣となればその評判から多くの人が集まるのはある意味当然のことなのですがそうなると欲の深い人たちも数多く集まるのです。

 そして残念ながら心の奇麗な人たちよりも欲の深い人たちが集まるとどうなるのかとなれば欲望の悪想念が溜まり続けます。そうするとわけのわからぬ心霊が集まる結果になります。もっともその大半は巷の霊能者を指導している程度の心霊なのですが一般の方にはけっこうやっかいです。

 ご利益はあるが月参りを欠かすとよくないことが起きると言われているような場所は大抵こんな事情があります。本当に霊格が高い神霊はそう簡単には願いは聞き届けてはくださらないのですが霊格の低い心霊の場合には割りと願いは聞き届けてはくれます。しかし見返りを求めると言うか神仏としての扱いを怠るとご機嫌をそこなうようです。

 これが何の信仰心もなく、ただ欲の塊の方が訪れると帰りに目に見えないお客さんが増える可能性があります。もっともこれはどんな場所でも同じことなのですが悪想念が溜まり易い場所の場合には可能性が高くなります。

 ただこれもそこの神社仏閣を管理している神主や僧侶の力次第です。初詣などにて何万人の人が願い事をしようが霊域が穢れることのない神社仏閣は数多くあります。

 では管理人でも近づきたくない場所は!う〜ん・・・・・・あっ、急用を思い出した!・・・とごまかす管理人。やっぱりこれだけは書けません。何せそこに住んでいる人もいるのですから・・苦しい言い訳


今回は後ろめたいので控えめに ブログランキングをよろしく



at 07:47, 星 良謙・子授け地蔵, 神霊スポット

comments(0), trackbacks(0), pookmark