smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
profile
recommend
recommend
鑑定のお申し込み

占いの鑑定とご相談は

こちらから

携帯専用サイトは 

こちらから

開運の方法
掲示板を開設しました

アクセスはこちらから

読者の皆様の交流の場にしてください
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

お布施の金額の違い(星)

暫く前に祈祷の際のお布施の金額の違いでご利益の違いがあることをブログで取り上げ欲しいとのご依頼がありました。

これは少し補足が必要になるかと思いますが、霊障鑑定で対策を鑑定させて頂きますと、同じご祈祷でもお布施の金額の差がご利益の差となる傾向があります。その理由をブログで取り上げて欲しいとのご依頼でしたが、管理人もこの問題についてはあまり深く考えていませんでした。

 

この問題に関しては、経験則で同じご祈祷でもお布施の金額の差がご利益の差となる傾向があることが分かっている程度のことで、その理由は分かりません。本来ならば、僧侶の方にお尋ねすべき問題ではありますが、お寺の方にお尋ねしてもお気持ち次第ですとの返答しかありませんでしたので、少し考察してみたいと思います。

 

この問題の考察に入る前に、祈願と祈祷の違いを取り上げます。辞書で調べますと祈願は、文字通り祈り願うことであり、祈祷は神仏の加護を願い、言葉によって除災増福を祈ることとされています。また、似たような言葉として加持があります。一般的に加持祈祷と言われますが、厳密には加持と祈祷は異なります。恐らくは一般の方が祈祷に対して持たれている印象は加持の方が近いのではないでしょうか。

 

 

 密教では、「加持」は、仏の慈悲が信仰する者の心に加えられ、信仰者がその慈悲を自らの信心によって感じることをいう。

 このような「加持」の思想が展開して、三密加持の修業を行う際になされる一定の作法も、「加持」とよんでいる。この修法上の「加持」が、冒頭にかかげられた古典にあらわれる「加持」なのである。「祈祷」には、加持の修法を含めた大がかりなものであるが、広く「神仏に祈ること」と考えれば、口に出して祈る祈り方もあろうし、心のなかだけで祈ることもできよう。これに対して、「加持」は心だけ、あるいは言葉だけで行うことはできない。

 修法の「加持」には、いろいろな種類があるが、一例として「香水(こうずい)加持」をみてみよう。この作法は、煩悩(ぼんのう)やけがれを除く修法にもちいる水を清めるために行われる。清めようとする水の入った器を見、心には清めようと念じつつ、口には真言を唱え、同時に左手にもった念珠に右手で結んだ印契をすりあてる動作を行う。「加持」は、身体と言語と精神の三活動を一点集中することによって特別の力を生じさせ、対象にその力を及ぼさせようとするものである。

 

仏教語源散策 中村元 編集 P227-228

 

残念ながらこの解説では、修行者が仏に加護を願うことが中心であり、加持祈祷を受ける側の話には触れられていません。そこで別の資料を探していたところ、下記の一文が見つかりました。

 

祈祷は本来漢語で、古く『後漢書』の「楽巴伝(らくはでん)に用例があります。修法(しほう)[一般的には「しゅうほう」](悟りを得るために本尊に供養物をそなえ、三密を行ずること)という語が本来の仏教語です。修法はもちろん、仏教本来の修業として成仏につらなるものであってなくてはなりません。その点、ただ世俗的な成就を願うだけの、あるいは形式的な祈祷と同じではあってはならないのです。空海が「即身義」で述べているように、「如来の大悲と衆生の信心」との一体こそ真の加持祈祷なのです。

 

空海 いずれも仏ならざるはなし 金岡秀友著 P232

 

要約するほどの内容ではありませんが、加持祈祷の目的は悟りを得ることが目的でなければならばならず、「如来の大悲と衆生の信心」との一体が鍵と言えるのではないかと思われます。

 

※『空海が「即身義」で述べているように』とは、下記の部分と思われます。

 

加持とは如来の大悲と衆生の信心とをあらわす。仏日(ぶつにち)の影、衆生の心水に現ずるを加といい、行者の心水、よく仏日を感ずるを持と名づく。

 

現代語訳

「不思議なはたらきによって応じ合う」(加持)とは、如来の大悲と人びとの信心をあらわしている。あたかも太陽の光のような仏の力が、人びとの心の水に映じあらわれるものを「加」といい、真言密教の行者の心の水が、よくその仏の日を感じとることを、「持」と名づける。

 

密教経典入門 松本照敬著 P120-121

 

これらの話から導かれる結論としては、加持祈祷を受ける側も悟りを求める気持ちを持ち、仏と一体になることが必要であることです。しかし、悟りを求める気持ちを持つといっても一般の人間には漠然とした話であり、仏と一体になることは更に困難な話ではないかと思われます。

 

ここで最初に話を戻しますと、ご祈祷の際のお布施の金額の違いがご利益の違いになることが今回の考察です。仏と僧侶がお布施の金額で働きが異なるならば、話は簡単なのですが、お布施の金額の違いで異なるのが、御札の大きさの違いと供物の品数の違いだけであるならば、ご祈祷を受ける側の問題となります。

 

悟りを求める心や仏と一体になることを求める心とは菩提心や信仰心との置き換えることは可能ではないかと思われますが、菩提心や信仰心は祈祷を受ける人間の心境が変化しないければ同一となります。そのため、変化するのは、お布施の金額だけですので、衆生の菩提心や信心とお布施の関係がご利益の大きさに影響しているのではないかと思われます。

 

菩薩の修業徳目である六波羅蜜は、布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧の完成とされていますが、その筆頭が布施であることを考えるならば、お布施の関係がご利益の大きさに影響していると考えることは可能ではないかと思われます。勿論、お布施だけが重要なわけではなく、悟りを求める気持ちを持ちと仏と一体になることが必要であることが重要であると思われますが、その手段としてお布施があるのではないかと考えることができます。つまり、お布施を払うことは功徳を積むことであり、仏や僧侶に対する感謝の気持ちと考えることがではないでしょうか。

 

六波羅蜜 参考サイト 龍光山 正寶院 こちらから

TOP > やさしい仏教入門 > 六波羅蜜

 

 

ご相談は こちらから

at 11:07, 星 良謙・子授け地蔵, 読者からの質問

comments(0), -, pookmark

参拝のマナー3(星)

何気なく書き始めたテーマですが、3回目となります。コメントでご質問を頂きましたので、同じテーマとさせて頂きます。

 

はっとり様コメント有難う御座います。

 

因みに、参拝時はジーンズは本来作業着なので良くないとの記事をがあったやに記憶しております。

 

一般的な参拝では、神社から服装を咎められることはないと思いますが、伊勢神宮の正式参拝と呼ばれている御垣内参拝(みかきうちさんぱい)や熱田神宮の板垣内参拝などは、正装が参拝の条件となりますので、ジーパンでの参拝は断られます。

 

御垣内参拝(みかきうちさんぱい)や熱田神宮の板垣内参拝と言ってもご存じない方も多いのではないかと思いますが、通常の参拝は板垣の外側から参拝するのに対して、板垣の中に入っての参拝することです。あまり知らせていないようですが、初穂料はそれなりに必要となりますが、社務所で申し込めば、参拝させて頂けます。

 

話を戻しますと、堅苦しく考えますと、神社仏閣への足が遠のきますので、参拝が目的で出掛けられるならば、あまりラフな格好は避けられるようにされる程度でも良いのではないかと思います。

 


因みに、話は飛躍してしまいますが、どんな小さな仏閣や神社にも、ご神霊はおいでなのでしょうか?とても気になります。

 

 

少なくとも神社仏閣ならば、どんなに小さくてもご神霊はおられると言いたいところですが、参拝者の少ない小さい神社のお社や野仏にはご神霊が宿られていない場合もあります。しかし、これはご神霊が常駐されていないだけであり、参拝者が参拝されるとご神霊が来られます。イメージとしては、机の上に電話だけがある交番と言ったところでしょうか。

 

今から10年程前の話となりますが、ある滝の脇に祀られた仏様を参拝させて頂いた際に、一瞬姿が見えたのですが、奥に隠れた気がしました。しかし、直ぐにお不動様が現れました。そのご神霊のお話では、滝行の修行場であることから参拝者は比較的多いのですが、心の修業ができていない者が多いことから普段は姿を隠していると語られていました。そしてご神霊の心にかなう者が参拝に訪れた際には、本来の姿で現れるとのお話でした。

 

これは少し変わった事例ですが、普段はご神霊が宿られていなくても参拝者が祈るならば、その祈りは神霊に届き、ご神霊が現れるようです。霊界は心の世界であることから何処にいてもご神霊に通じると言えますが、やはり信仰の対象となる物があった方が神仏に通じやすいようです。

 

今回の記事を書いていて十数年前に少し変わった経験をしたことを思い出しました。その経験は、友人とある神社に初詣に出掛けた際の経験でした。一緒に出掛けた友人は、参拝の後に熊手を受け、神社の宝物館を拝観しました。宝物館で展示物を拝観していたところ、絵巻物のところで友人は、手にしていた熊手を落してしまいました。友人は正月から縁起が悪いと少しばかり落ち込んでいました。

 

しかし、自宅に帰り、宝物館で頂いた小冊子を見ていた際に絵巻物に描かれていた小さな山車から非常に強い力を感じました。解説を読みますとその山車は御神体を乗せていた物であったことから友人が熊手を落とした理由が分かりました。そこで早速友人に電話しました。これは少し解説が必要かと思いますが、絵巻物に描かれた山車ではありますが、神社の境内にある宝物館の展示物であったことから絵巻物に描かれた山車にご神霊が宿られていたと思われます。

 

その絵巻物は、ガラスケースに収められ、上から見下ろす位置にありました。友人は授かった熊手を胸の前で抱えていたことから絵巻物を見下ろす位置にありました。また、友人が熊手を落としたのは、その山車が描かれていた場所でした。友人が授かった熊手には、ご神霊が宿られていたと思われますが、絵巻物に宿られていたご神霊の方が霊格が高かったと思われます。そのため、熊手に宿られていたご神霊は、霊格の高いご神霊を見下ろすことを嫌って熊手を落とすように仕向けられたと思われます。

 

 

ご相談は こちらから

at 13:06, 星 良謙・子授け地蔵, 読者からの質問

comments(1), -, pookmark

生前供養について(星)

このところ、投稿が休みがちとなっておりました。

暫く前にあすなろ様からご質問を頂きながらコメントをお返しできず申し訳ありませんでした。

遅くなりましたが、コメントのご返事を書かせて頂きます。

 

子孫が供養してくれそうにない場合、自分自身の供養を生前に依頼しておくことは可能なんでしょうか?また、そうする事に意味はあるんでしょうか?

 

生前に自分を供養することは、逆修(ぎゃくしゅ)と言います。元々は、年長者が、死んだ若い者の冥福を祈ることの意味でしたが、現在では、生きているうちに自分のための仏事をして冥福(めいふく)を祈ることも逆修(ぎゃくしゅ)と言われます。

 

永代供養の募集をされているお寺は多いのですが、逆修となりますとあまり見かけません。

 

管理人が見つけたお寺は下記のお寺です。

 

真言宗智山派別格本山 北野山 真福寺 寶生院(通称 大須観音) こちらから

九万九千観音像 観音様一体 金50,000円

永代供養の場合には、観音様の台座部分に遺骨を納めることが可能ですが、逆修の場合には髪の毛や爪を納めることが出来ます。

 

天台宗 京都大原 三千院(三千院門跡) こちらから

毎月のご命日のご供養(永代月牌)10万円以上
毎日のご供養(永代日牌)30万円以上

基本的には永代供養ですが、逆修も可能です。

 

和宗 本山 四天王寺 永代供養(逆修) こちらから

※元々は奈良仏教の八宗兼学のお寺でありましたが、戦前までは天台宗の別格本山でした。

永代祠堂料(1 霊位につき)

日牌    20万円 月牌    10万円

 

金峯山修験本宗 総本山金峯山寺 こちらから

破地獄曼荼羅供養 志納金 1霊位 3,000円

基本的には先祖供養ですが、逆修も可能です。

 

逆修は生きている間に自分で自分を供養することであり、永代供養の予約ではありませんので、ご質問の内容とは少し違うかもしれません。自分の永代供養を生前に依頼することは可能かとのご質問ですが、これはお寺にお尋ねしなければ分かりません。

しかし、お子様がいない方や子供の負担になりたくくないと生前に永代供養をお願いされる方は多く、生前の永代供養の予約を受け付けているお寺も多いようです。

 

日蓮宗総本山 身延山 久遠寺では納骨の予約を受け付けているようです。 こちらから

 

尚、浄土真宗の場合には、先祖供養を行いませんので、当然のことながら永代供養も行われていませんが、永代供養の代わりに永代経があります。元々はお寺の維持を目的としていますが、実質的には永代供養と同じような仕組みです。

 

また、永代供養をすることに意味があるのかとのお尋ねですが、永代供養は、一般的には春と秋のお彼岸、それにお盆に合同での供養が行われることが多いようです。これは浄土真宗でも同じであり、永代経のお勤めは春と秋のお彼岸、それにお盆に合同での供養が行われることが多いようです。それを少ないと考えられるか、多いと考えられるのかではないでしょうか。勿論、年に2回・3回の供養だけでは意味がないとは思いませんが、理想は、毎日の供養や毎月の供養して頂けるお寺ですが、あまり多くはないと思います。

 

名古屋地区ならば、浄土真宗本願寺派名古屋別院では毎日お勤めがありますし、真宗大谷派名古屋別院の場合には、須弥壇の下に納骨されますと定期的な永代経の他に大きな法要もあります。また、お釈迦様の真骨を祀られていることから仏教界が共同で管理されている覚王山 日泰寺では毎日十二時半に永代供養が行われています。そのため、こまめに探されるならば、納得出来るお寺が見つかるのではないでしょうか。

 

 

ご相談は こちらから

at 16:50, 星 良謙・子授け地蔵, 読者からの質問

comments(2), -, pookmark

久々に(星)

このところ、投稿が出来ない状態が続いておりました。m(_ _)m

 

一応、書きかけの記事はありますが、投稿できないでおりましたところ、古い記事にコメントを頂きました。

久々に頂いたコメントであることから、読者のご質問にお答えすることにします。

 

無明様コメント有難う御座います。

 

こんにちは。記事を拝読しまして、わからないことがありましてコメントさせていただきます。わが家は浄土真宗ですが檀家寺や仏壇はありません。土地・屋敷 のお祓いで法華宗のお坊さんにおいでいただき無縁仏を供養してもらいました。以来お付き合いが続いており、お盆と暮れに供養にきていただいてます。私自身 も水とお茶をお供えして読経しますが、回向文を読むときに“当家先祖代々の諸精霊”とよみあげます。これは記事の内容からするとご先祖がお怒りになるので しょうか?お坊さんからは法華経の中に西方にて阿弥陀さまは法華経をお説きになられていると書いてあるので大丈夫と言われましたが・・・。よろしければご 教示くださいませんか。

 

「お坊さんからは法華経の中に西方にて阿弥陀さまは法華経をお説きになられていると書いてある 」とのお話に少しばかり疑問を抱きました。法華経の中に阿弥陀仏の名前は登場することは覚えていましますが、詳細は記憶していませんでしたので、調べてみましたところ、法華経の中で阿弥陀仏が登場するのは、薬王菩薩本事品二十三の中でしたので、その部分を少し引用します。

 

若有女人。聞是薬王菩薩本事品。

能受持者。尽是女身。後不復受。若如来滅後。

後五百歳中。若有女人。聞是経典。如説修行。

於此命終。即往安楽世界。阿弥陀仏。

大菩薩衆。囲繞住処。生蓮華中。宝座之上。

 

読み下し文

若(もし)女人有て、是(こ)の法華経の薬王菩薩本事品を聞(き)きて、能(よ)く受持せん者は、是(こ)の女身を尽(つく)して、後に復(また)受けざらん。若(もし)如来の滅後、後の五百歳の中に、若(もし)女人有りて是(こ)の経典を聞きて、説の如く修業せば、此(ここ)に於いて命終して、即ち安楽世界の、阿弥陀仏の大菩薩衆の囲繞(いによう)せる住処に往(ゆ)きて、蓮華(れんげ)の中の宝座の上に生ぜん。

 

法華経新講 久保田正文著 大法輪閣 P308

 

「女人ありて、これを受持する者は、女身を尽くしてまた受けじ」とあります。この場合の女身というのは、初めにあった通り、性欲に執着する身ということを男性の立場から述べているものであります。そして「如来の滅後、のちの五百歳の中の立場から述べているものであります。だから婦人という意味ではありません。

そして如来の滅後、のちの五百歳の中の女人にあって、この経典を聞いて、説のごとく修業すれば、命終わって、安楽世界の阿弥陀仏の菩薩たちに取り巻かれているところへ行って、蓮華の中の宝座の上に生まれるであろう。

 

法華経新講 久保田正文著 大法輪閣 P315-316

 

※蓮華 蓮の花のことであり、蓮華草のことではありません。

※宝座(ほうざ) 宝物で飾った座。蓮華(れんげ)の花にかたどられた仏・菩薩(ぼさつ)の座。蓮華座。

 

この文章からは、西方にて阿弥陀さまは法華経をお説きになられているとはとても読めませんので、お坊様のお話には少し無理があるのではないかと思います。

 

次に、浄土真宗について少し書きますと、一般的に浄土真宗と言われている宗旨には、浄土真宗本願寺派(お西)、真宗大谷派(お東)、真宗高田派、真宗仏光寺派、真宗木部派、真宗興正寺派など幾つかの宗派に分かれていますが、親鸞聖人を開祖としています。その親鸞聖人の教えでは、一回でも念仏を称えたならば、極楽往生は決定すると親鸞聖人は説かれています。そのため、二回目以降の念仏は、阿弥陀仏に対する感謝の為の念仏であり、極楽往生を願う為の念仏ではありません。そのため、浄土真宗においては先祖や故人の成仏を願って念仏を称えることもなければ、 先祖や故人が成仏されるようにお経を読むこともありません。このことについて書き始めますと、長くなりますのでやめておきますが、詳しくは真宗のお寺のサイトなどでお調べください。

 

また、他の宗旨のようにお盆に迎え火でご先祖をお迎えする作法もなく、精霊棚を用意することもなければ、仏壇にお茶をお供えすることもありません。お水も基本的にはお供えしませんが、お供えする場合には、 華瓶(けびょう・かびん)と呼ばれる壺に水を入れてお供えします。この他にも線香は立てるのではなく、香炉の大きさに合わせて三つや四つに折るなどなど、他の宗旨とは異なることが多い宗旨であると言えます。

 

さて、お話では法華宗の僧侶の方が先祖供養をされているとのお話ですが、浄土真宗も法華宗も同じ仏教であると考えるならば、何も問題はないと言えます。しかし、ご先祖の中に熱心に浄土真宗を信仰された方がいらっしゃいますと、少しばかり厄介な話となります。法華宗は日蓮聖人を開祖とする教えですが、その日蓮聖人は真言亡国(しんごんぼうこく)、禅天魔(ぜんてんま)、念仏無間(ねんぶつむけん)、律国賊(りつこくぞく)と念仏の教えを否定されています。そのため、生前に熱心に浄土真宗の教えを信仰されたご先祖からするならば、法華宗の作法で供養をされても自分の信仰を否定されているのと同じであり、喜ばれない可能性があります。

 

更に浄土真宗の常用経典は、阿弥陀経・観無量寿経・無量寿経となります。この他に親鸞聖人が書かれた正信偈や文類偈なども日常のお勤めでお経として読まれますが、法華宗の常用経典である法華経が読まれることはありません。そのため、ご先祖からするならば、自分たちが生前に慣れ親しんだ作法とは、まったくことなる作法で供養され、聞きなれないお経を聞くことになりますので、戸惑われる可能性が高くなります。

 

そのため、個人的に法華宗を信仰される分には何も問題はないと思われますが、ご先祖を供養されるお気持ちがあるならば、浄土真宗のお寺で読経をお願いされることをお勧めします。浄土真宗本願寺派や真宗大谷派ならば、各地に別院や布教所などがありますが、お近くに浄土真宗のお寺がない場合には、ご相談ください。

 

尚、詳しくは、有償とはなりますが、著書「開運の方法・改訂版」をご覧ください。

 

 

ご相談は こちらから

at 00:30, 星 良謙・子授け地蔵, 読者からの質問

comments(0), -, pookmark

他力と成仏2(星)

せっかくペナントレースが始まっても中日ドラゴンズは開幕3連敗と絶不調・・・・
開幕前から順位予想の多くは下位と言うこともあり、あまり期待はしておりませんでしたが、3連敗とは・・・

あたふた (((^^;)(;^^) ))あたふた

しかし、先週は巨人・広島を相手に6連勝・・・

ルンルン♪~♪ d(⌒o⌒)b ♪~♪ルンルン

少しは期待・・・オネガイ ( ><)//

それはさておき・・・・

今回は「霊界通信 南無阿弥陀仏」から浄土真宗の神霊のお言葉をご紹介させて頂きます。
 

当然であると考えていたことが、当然ではないと知る時に、初めて生かされている自分を知るのです。農民が、野菜を育てたと言ったところで、それは野菜が育つのを手助けしたにすぎないのです。無から有を創り出したのではありません。太陽の恵みがなくては野菜は育たないのです。たとえ、工場で育てたとしても、自然の恵みと全く無関係に、すべてを創り出すことなど出来ないのです。

人間が、どんなに自分の力を誇ったところで、創造主ではないのです。ただ自然の恵みを利用して、新たなる価値を生み出しているにすぎないのです。すべての材料は仏より与えられているのです。その与えられた材料の中で生きているのです。仏のつくられた箱庭の中に生きている、そのことを知らねばなりません。

学校の先生が、時には生徒をしかることもあるでしょう。しかし、先生は許すことを前提に、しかっているのではないのですか。絶対に、こいつだけは許さないという気持ちでしかっているのでしょうか。親が子供をしかる時には、許すことを前提にしかるのではないですか。先生が生徒を、親が子供を殺すことがあれば、人々はどのように言うでしょうか。

語るまでもないことではありませんか。ならば、肉体を持つ現世に生きる者には、考えることも出来ない程の深い慈悲を持つ仏であるならば、いかに考えるでしょうか。

自分の手に持てる程度の物差しで、日本の国土を測り続けても、一生かかったとしても、測りきれるものではないでしょう。ならば、どうして、仏の慈悲を自分の心の物差しで測ろうとするのでしょうか。生きとし生ける者すべてを救おうとする決意を持って、日々、精進したとしても、一生かかっても、とても足元にすらおよぶことなど出来ない存在なのです。

皆、自分の物差しで測ろうとするから理解出来なくなってしまうのです。子供が二人、富士の山の前に立って、わたしはお前より背が高いと言ってみたところで、富士の山から見れば、どれほどの差があるでしょうか。それが仏の目から見た人間の姿です。

自分は、あいつよりも陰徳をこれだけ積んでいるのだから、あいつよりも尊いと言えるのでしょうか。あいつは、毎日怒ってばかりいるから、地獄に落ちて当然だと言えるのでしょうか。

それは、富士山の前で背の高さをくらべているのと同じなのです。仏の前では、その差などないも同じなのです。人は他人との比較で、自分の存在の評価を求めます。しかし、仏を知る者には、その評価などは、さしたる意味はないのです。

幼稚園児であっても、優秀な子供もいれば愚鈍な子供もいるでしょう。だからといって、大人から見れば、その差はどれだけの差でしょうか。あなたの感じる差などは、子供同士の言い争いにしかすぎないのです。

皆、守られているのです。幼稚園という塀に囲まれた建物の中にいることを忘れているのです。子供の目で世の中を見ているから、わからないのです。

背伸びをして大人の目で見ることは出来ませんが、上を向くことは出来るのです。そうすれば、太陽のように、わたしたちを、日々、守っていてくださる仏に気付くことが出来ます。



他力の信仰において自分の罪深さを知ることは重要なことですが、もう一つ重要なことが阿弥陀仏の偉大さを知ると言うことではないかと思います。以前のことですが、知り合いと話をしていた際に阿弥陀仏を偉大な存在と考えることができるかどうかが他力の信仰において非常に重要ではないかと感じました。

神だ、仏だとっても多くの人は、生きている人間の延長上に神仏を考えているのではないかと思います。これは他力の信仰に限られた話ではありませんが、神仏を等身大で考えるならば、神仏の心を知ることは限りなく難しいのではないかと思います。勿論、自分が神仏の心を何処まで分かっているかとなれば、自分にも分かりませんが、少なくとも分かっていることよりも分からないことの方が遥かに多いことは分かっています。

これは教えを学ぶことで知的に理解して分かることではなく、念仏三昧の日々を過ごしたならば、分かることかることなのかもしれませんが、禅の悟りと同じで、気付きのようなものではないかと思います。そのため、言葉で説明しようとしても限界があり、言葉で説明すればするほど、分からなくなってしまうもどかしさを感じています。

at 09:17, 星 良謙・子授け地蔵, 読者からの質問

comments(2), -, pookmark

他力と成仏1(星)

fumi様と龍様、コメント有難う御座います。

今回は龍様からご依頼のありました、前回の自動書記の内容の解説をさせて頂きます。

さて、読者の方が疑問を持たれたのは、迷っている心霊が念仏を称えても、阿弥陀仏の慈悲に救われなかったのかと言うことではないかと思います。管理人が他力の僧侶であったならば、このような内容の自動書記をご紹介するのは、自殺行為とも言えます。他力の教えは、念仏を称えることで極楽往生が出来ることが前提であり、念仏を称えても極楽往生出来ないとなれば、他力の教えが否定されたのと同じことになります。

そのため、どのような解説が良いのかと悩ましたが、この問題は、自動書記が始まった当時に自分でも抱いた疑問であり、浄土宗の神霊にお聞きした疑問でした。神霊からのお答えは、管理人の著書「霊界通信 南無阿弥陀仏」の中でご紹介していますので、少し引用させて頂きます。

 

あなたの言いたいことはわかる。念仏を称えながらも、念仏の心を理解する者が少ないではないか。あるいは、念仏を称えながらも、自分の生活を改める心がなければ、何のための念仏なのか。そのことを否定しようとは思わない。念仏とは許しの教えでもあるのだ。罪深き者、悟りに生きることがむずかしい者に対する、救いの教えである以上、それはさけて通れない問題でもある。

どれだけ、わたしたちが許しの気持ちを持っていても、自分の罪の自覚のない者に許しを与えることは出来ないのも確かなことだ。

言い訳としか聞こえないかもしれないが、まず、許されることが前提の教えがあってもよいとは考えられないだろうか。人は罪なくしては生きられないのだ。生きている限りは罪を犯すのだ。

神仏は許しの存在でもある。許しを乞えば、いつでも許して下さる存在なのだ。まして、弥陀は、他の仏が見捨てる程の罪深い者であっても、許すと言われている。(阿弥陀仏とは、生きとし生けるものを支える力であり、智恵であり、慈悲であると考えられるが、阿弥陀仏は、浄土門の所依『しょえ』の教典の中心になっている仏で、一切の差別を超えて、すべての衆生を救おうという誓願をもつと考えられている。)だから私は、まず許しを説いたのだ。

あなたがたは、すでに許されているのですと言いたかったのだ。自分を苦しめてはならない、自分の罪の意識に苦しまなくてもよいのだと、言いたかったのだ。多くの者は自分の罪の重さに苦しんでいる。だから、自分の罪を認められない。そして他人の罪も許せない。

罪が許されていると信じることが出来るならば、自分の罪を認めることも出来る。あなたの罪は許されている。それが弥陀の誓願でもある。許された自分がそこにある。

仏は許されている。彼らに、あなたがたはすでに許された存在なのだと教えてあげたいのだ。現実には地獄に落ちる者たちはいる。それは事実だ。しかし、彼らとて許されているのだ。彼らは自分たちが許されていることを認めないのだ。


これは言葉の遊びではない。彼らは自分が悪いことをしたとは思っていないのだ。だから自分は許される必要などないと言っているのだ。

だから、まず、あなたは許されているのだと言いたい。だから、もっと素直に自分のおろかさを認め、ひたすらに弥陀にすがりなさいと、さとしたいのだ。

皆、本当は、心の奥底で苦しんでいる。それは自分が許されない存在であると思っているからだ。その苦しみが自分の心に闇をつくっている。彼らは、そのことに気付いていない。


最初から悪人として生まれる者などいない。しかし、人間は罪なくして生きることは不可能だ。母親の腕にいだかれた幼な子のように、常に母親の愛にいだかれていることを知る者は、常に心安らぎ、安心して眠ることも出来るはずだ。しかし、多くの者は、いつも母親が見守っていてくれることを忘れてしまう。自分が興味を持ったおもちゃで遊ぶうちに、母親の姿をみうしなってしまう。そして泣き叫んでいるのだ。

だから、わたしは母親の存在を教えてあげているのだ。安心しなさい。おかあさんは、ここにいるではありませんか、と、言っているのだ。

いたずらをして、転ぶ子供もいるかもしれない。しかし、母親は、時にはただ黙って見守ることもある。それは決して子供を見捨てたのではない。子供が自分で立ち上がることを覚えさせる必要があるからだ。しかし、子供にはそれがわからない。自分は親から見捨てられたとしか考えない。しかし、親は子供が立ち上がるのを待っているのだ。

わたしたちは、立ち上がりなさい、母親はあなたのそばにいるではないか、あなたには、涙で見えないかもしれないが、あなたのそばにいるではないか、と言っているのだ。

わたしは、仏を母親とたとえたが、しかし、仏と人間の関係は、母親と子供との関係ではない。仏はあまりにも偉大すぎて、他にたとえることが出来ないのだ。空を見たことのない者に、空の広さをどうやって教えるか。海を見たことのない者に、海の大きさをどう教えるか。

仏とは、それほど偉大な存在なのだ。
仏はすべての者を救おうとする慈悲の存在だ。わたしたちには、その心のすべてがわかるわけではない。しかし、その慈悲の心は伝わってくるのだ。

おわかりになるだろうか。その慈悲の心を知ったならば、その心を伝えたいと思うわたしたちの心が それがわたしたちの悟りでもある。


長い話から一部を抜粋していますので、読者の方の疑問に必ずしもお答え出来ていないかもしれませんが、浄土宗の神霊のお考えを要約しますと、念仏を称えるとは、阿弥陀仏に許しを求めることであり、念仏を称えても成仏できないとは、阿弥陀仏に許されていることを実感できないことであると説かれています。

では、どうして念仏を称えながらも、阿弥陀仏に救われないかとの問いに対する神霊の答えは、迷っている心霊が自分の罪を認めないことが原因であると説かれています。つまり念仏を称えながらも成仏できない理由は、阿弥陀仏に救いを求めながらも自分の罪を認めることが出来ないからであると説かれています。

自分の罪を認めていると言いながらも内心では、自分だけが悪いのではない、本当は自分は被害者なのだとの気持ちは、言い換えれば、自分は神仏に許される必要がないと考えていると言えますが、神霊はその原因を恐怖心であると考えていると思われます。つまり、自分は神仏から咎められるのではないかとの恐怖心があるから、自分は悪くないとの言い訳の心が生まれるとのお考えです。

神霊は、繰り返し阿弥陀仏の慈悲深さを説き、あなた方は既に阿弥陀仏に許されているのだと説かれていますが、これは神仏に咎められるのではないかとの恐怖心を消し去ることが目的です。神仏に咎められるのではないかとの恐怖心が消え去ったならば、阿弥陀仏の慈悲を実感することも可能となり、極楽往生も可能となると神霊は説かれたいのだと思われます。

次回は、「霊界通信 南無阿弥陀仏」より浄土真宗の神霊のお言葉をご紹介させて頂きたいと思います。

at 12:32, 星 良謙・子授け地蔵, 読者からの質問

comments(2), -, pookmark

水子のお供え(星)

読者の方から通信で供養の申し込みが可能なお寺の追加情報を頂きましたので、ご紹介します。

追加
●長谷寺 (真言宗豊山派 総本山)
普通祈祷・回向5千円、特別祈祷・回向1万円

法要の参列は、特別祈祷・回向1万円からとなります。
※HPには掲載されていませんが、通信での申込(現金書留)が可能です。

誓願寺での読経回向の供養料を確認しました。すべて通信申込(現金書留)可能です。
参考までに。

●誓願寺 (浄土宗西山深草派 本山)
塔婆回向:日没勤行で回向。
ウェブ上の申込は1ヶ月単位(9000円)ですが1日単位(300円)も可能。
読経回向:5千円。
通信での申込(現金書留)が可能です。

それはさておき・・・・

読者の方から水子のお供えについてのお問い合わせを頂きましたので、今回は水子のお供えについて取り上げます。

水子のお供えと言いますと、幼児向きのお菓子を供えられる方が多いのではないかと思います。しかし、過去の経験では、長年迷っている水子は思春期程度にまで成長しているのではないかと思う事がありました。

霊能者として活動もしていませんので、霊界の法則であると断言するほどの自信もありませんが、過去に読んだ霊能者の本に紹介されていた霊能者と水子で水子の意識は、明らかに四・五歳児の子供の意識ではなく、中学生程度の意識ではないかと思われる話の内容でした。

勿論、この霊能者の話をどこまで信用していいのかとの疑問も残りますが、長年迷っている水子は思春期程度にまで成長するのではないかと思われます。しかし、すべての水子が思春期の子供程度の意識まで成長するとは限らず、小学校低学年程度の意識で止まっていることもあるようです。

そのため、霊界で水子がどの程度まで成長するのか、また何歳程度の意識で過ごしているのかなど分からないことばかりですが、供養が進みますと水子の意識が幼児化する傾向があります。これは幼児期に親から充分な愛情を得られなかった愛着障害の子供が治療過程において赤ちゃん返りをすることと同じことなだろうかと考えています。

参考文献 子を愛せない母 母を愛せない子

この本の中では、児童養護施設などで育てられた子供が里親に育てられるようなると、最初は親の顔色を窺って大人しくしていても、次第に悪戯が酷くなると書かれています。これは里親の愛情を確認する行為であり、里親の愛情が確認できると、今度は赤ちゃん返りをするとあります。そして暫くすると年齢相応の行動に戻るとあります。

これと同じように水子も供養することで、本来の子供の意識に戻るのではないかと思われます。

話を戻しますと、水子のお供えと言いますと乳幼児向きのお菓子になりやすいのですが、もう少し幅広い年齢層のお菓子をお供えした方が効果的ではないかと思う事があります。尚、個人的には幼児から小学生高学年程度を目安にしています。

at 14:06, 星 良謙・子授け地蔵, 読者からの質問

comments(0), -, pookmark

訂正とお詫び(星)


2013.02.07に投稿しました「在家の修行4」の情報に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。

蓮華王院 三十三間堂 こちらから

サイトに供養の案内はありませんが、電話すれば振込用紙を送って頂けます。
供養 2,000円 厚紙で出来たご真影(仏画)となります。
供養 3,000円 ボール紙に緞子が張られたご真影(仏画)となります。

誤 供養 3,000円
正 供養 5,000円

確認しましたところ、5,000円でした。申し訳ありませんでした。

at 16:34, 星 良謙・子授け地蔵, 読者からの質問

comments(0), -, pookmark

回向と供養の違い(星)

回向と供養の違いについてのお問い合わせがありましたので、今回は回向と供養について取り上げさせて頂きます。手元の本から解説を引用しようかと考えていたのですが、天台宗のHPに分かりやすい解説がありましたので少し引用させて頂きます。


 供養とは、もともと敬意をもっておもてなしをするという意味で、仏・法・僧の三宝(さんぼう)に食事や衣服などの物資をささげて僧団を援助することをいいましたが、時代が下るともに、仏前に香・花・燈明やお供物などをお供えすることを供養と呼ぶようになりました。特に日本では、亡者の冥福をお祈りするためにお供物や塔婆を奉げる追善供養が中心になったので、仏様だけでなく、ご先祖様を供養の対象にするのが一般的になりました。

元記事 こちらから
天台宗 仏教・仏事 > Q&A > Q 供養や法事には、どういう意味があるのですか?


 「回向」は「廻向」とも書きます。文字通り、自分が積んだ善根の功徳を、自分のためではなく、他の人のために回(まわ)して向けることを言います。
 わかりやすく言えば、ご法事に参列した人々が、それぞれ自分が積んできた善根の功徳の一部を、今日のご法事のために振り向けて下さいと念じて、お参りすることです。もちろん、ご法事を営むこと自体に大きな功徳が在るわけで、それが故人に回向されるのは当然のことですが、同時に参列する人々にも、是非そうした気持ちでおまいりしていただきたいと思います。
 ただ、その場合、自分の積んだ功徳を故人に分けてやるというような、驕(おご)った気持ちは捨てなければなりません。
 あくまでも、仏さまのお力をお頼(たの)みして、善根の功徳を故人にお供(そな)えさせていただくという謙虚(けんきょ)な気持ちが大切なのです。
 お供えといえば、よく「ご供養」という言葉をお聞きになると思います。
 これも、回向と同じように、品物や善根の功徳をお供えして、故人の極楽往生の糧(かて)を養うことと言ったらいいでしょう。
 さらにまた、「追善供養」という言葉もあります。普通は故人を弔(とむら)うためのご法事の意味に使われていますが、実は追善供養というのは、文字通り、後ろから追いかけて故人のために善い行いをして、それを供養することなのです。
 ご法事に参列される時には、是非この気持ちでおまいりしていただきたいのです。

元記事 こちらから
天台宗 仏教・仏事 > 法話集 「回向」について


特に補足しなければならないほどの内容ではありませんが、「追善菩提」と言われる場合もありますので少し補足します。菩提とは、本来は悟ることで得られる知恵のことですが、「追善菩提」の場合には、少し違った意味で使用されます。

これも分かりやすい解説がありましたので、ご紹介させて頂きます。


一方で「菩提」の意味は、「涅槃」や「仏」の変質につれて同じように変質する。インドでも「涅槃」は煩悩の炎が消滅した境地、永遠の安らぎを意味するだけでなく、「般(はつ)涅槃」として「死」をも意味したわけだが、それにつられるように、日本では「仏」が覚者だけでなく、死者をも意味するようになる。
 そこで菩提も、「菩提を弔う」といった表現がなされるようになったのだろう。「さとりを弔う」では意味をなさない。これは死によって「成仏」することを願いつつ供養を捧げることだ。

元記事 さすらいの仏教語 こちらから


at 10:53, 星 良謙・子授け地蔵, 読者からの質問

comments(0), -, pookmark

在家の修行4(星)

自宅の近くに毎月の供養をお願い出来るお寺がないとのご相談を受けることが少なくありませんので、今回は通信で供養の申し込みが可能なお寺をご紹介します。

ネットで検索したお寺のご紹介であり、参拝したことがないお寺が多数あります。そのため、詳しいことはお寺にお尋ね下さい。

天台宗 別格本山 書寫山 圓教寺 こちらから
供養料 1日 1,000円 ・ 1週間 5,000円 ・ 1ヶ月 20,000円

天台宗 別格本山 角磐山 大山寺 こちらから
TOP > 大山寺紹介 > 各種お申込み
供養料 3,000円

天台宗 真福寺 こちらから
TOP > 密教祈祷 > 祈祷
祈願内容の項目の中に先祖供養があります。
通常祈祷 2,000 円から


真言宗仁和寺派、古江見山平等院 こちらから
供養料 1,000円

真言宗智山派 せんき薬師 こちらから
供養料 3,000円

高野山真言宗 郷の原観音 祖聖大寺 こちらから
1ヶ月供養料 3,000円  1年間供養料 30,000円

真言宗大覚寺派二上山眞光院 こちらから
TOP > ご祈願ご相談
小塔婆 500円 大塔婆 1,000円 特別大塔婆 3,000円

新義真言宗 大本山 誕生寺 こちらから
TOP > 祈願・供養
1日供養 5,000円 1ヶ月供養 10,000円 6ヶ月供養 30,000円 1年間供養 50,000円

真言律宗 大本山 寳山寺 こちらから
TOP > 御祈願 > 大師堂
500円から

真言律宗 蓮華院 誕生寺 こちらから
TOP > 運勢・相談・祈願 > 御祈願・ご供養
5日間 5,000円


浄土宗総本山 知恩院 こちらから
TOP > ご回向・ご納骨・結婚式 > ご回向のご案内
供養料 5,000円


曹洞宗 亀獄林 萬松寺 こちらから
TOP > 供養について > 先祖供養のお申し込み
供養料 5,000円
こちらのお寺は、一回のお経で複数の故人の戒名の読み上げをして頂けます。


日蓮宗総本山 身延山 久遠寺 こちらから
TOP > ご案内 > 御開帳・御祈願・御回向志納金のご案内
供養料 2,000円より

法華宗真門流 圓光山 法栄寺 こちらから
供養料 3,000円

下記のお寺は、HPに供養の案内掲載されていませんが、供養の申し込みは電話です。
尚、詳しくはお電話でご確認ください。

天台宗 蓮華王院 三十三間堂 こちらから
サイトに供養の案内はありませんが、電話すれば振込用紙を送って頂けます。
供養 2,000円 厚紙で出来たご真影(仏画)となります。
供養 3,000円 ボール紙に緞子が張られたご真影(仏画)となります。
訂正 5,000円 お布施の金額に間違いがありました。

信貴山真言宗 大本山 千手院 こちらから
供養の申し込みは、電話でも可能です。
供養料 5,000円

曹洞宗 ソブミ観音渭信寺 こちらから
供養の申し込みは、電話でも可能です。
供養料 1,000円
水子供養の場合には、塔婆代の300円が加算となります。

曹洞宗 大本山 永平寺
供養の申し込みは、電話でも可能です。
供養料 3,000円より
〒910-1294 福井県吉田郡永平寺町志比5−15
TEL 0776(63)3102

尚、通信で供養の申し込みが出来るお寺は他にもありますが、今回は供養料が5,000円以下のお寺だけをご紹介しました。

at 22:03, 星 良謙・子授け地蔵, 読者からの質問

comments(1), -, pookmark