new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 周易の落とし穴(星) | main | 臨済宗の教え(星) >>

曜日の起源(星)

告知です。
3月21日に春日大社で春季先祖祭が開催されます。

日時 3月21日(金) 午前10時〜午後4時 ご都合の良い時間にお参りください。
場所 春日大社 祖先祭祈祷所(そせんさいきとうしょ)

初穂料は一霊位につき、1,000円
郵送での申し込みは可能ですが、電話で申込書の郵送をお願いされる必要があります。

自宅に祖霊舎(神道における仏壇)がお祀りしてある場合には、自宅で神主の方に供養して抱けますが、祖霊舎が祀ってありませんと神道での供養は難しくなります。その意味では、貴重な機会です。

ご先祖が神道家であった場合には、供養されることをお勧めします。

それはさておき・・・・・

占いの話ばかり書いていましたので、そろそろ話題を変えようかと思っていましたが、今回は占いに関しての雑学とも言える話題を紹介することにしました。

まず、古い西洋占星術の本から抜粋して紹介します。
 

中世の占星術が一般民衆の生活の中に如何に深く滲(しみ)みこんだかは、現在それなしには生活できない週日の名称と順序が占星術に由来することからも思い半(なか)ばに過ぎるであろう。人間の運命は誕生日の天象(てんしょう)によって決定せられるのであるが、その最も簡単な意味づけは、どの惑星(太陽および月も含む)が誕生時を支配したということから出発する。ある時刻にどの惑星が地平線から昇り、それによってその惑星の支配が始まるかということから出発する。ある時刻にどの惑星が地平線から昇り、それによってその惑星の支配が始まるかということは、なかなか面倒な計算を要するので、天文学者を兼ねた占星家でなければ容易にしることはできない。そこで誰にもすぐわかる暫定的な便法(べんほう)として、時刻を惑星に命名するために、プトレマイオスの地球中心宇宙構造(第60図)における地球から遠い順番に序列が定められた。

土星、木星、火星、太陽(日)、金星、水星、月・・・・(1)

の順である。そして1日最初の1時間(0時〜1時)の支配惑星が同時にその日の支配惑星となるのである。ところで誕生時に支配した惑星が、その生児の生涯の運命を決定する。これが17世紀まで続いた占星術の鉄則であるが、時刻の命名を1日の最初の1時間から始め、これを惑星(日・月を含む)の数7に相当する7日まで続けると:1日は24時間あるから、各日の第一時間を支配する、従ってまたその日全体を支配する惑星は、例えば第1日の支配惑星が土星であるならば、(1)の序列で土星から数えて4番目の太陽である。以下同様で(第64図参照)結局、7日間の支配星惑星は

土星、太陽(日)、月、火星、水星、木星、金星・・・・・(2)

の順序となる。これが今日われわれの用いている週日の順序と名称にほかならぬ。


第60図




第64図


※携帯の場合には、画像が消えていると思いますが、縮小しますと文字が潰れてしまいますので、原寸大で投稿します。

天象 日・月・星などにみられる現象

西洋占星術 荒木駿馬著 恒星社 P103-P104

この本は、昭和55年に発刊の本であり、西洋占星術を勉強し始めた頃に買い求めた随分古い本ですが、西洋占星術の歴史を勉強するには良い本だと思います。しかし、あまりにも古すぎて古本でも入手は難しいと思います。

それはさておき・・・・

内容が少し分かりにくいことから整理しますと・・・・

1.人間の運命は空の星の配置で決まる
2.その理由付けは、どの惑星が誕生時を支配したから始まる
3.どの星が地平線から昇るかで支配星が決まる

ここまでは、当時の人々に浸透していた考えと言うべきでしょうか?
現代の西洋占星術でも誕生時の地平線の前後5度以内の星を上昇星として重視します。

4.星の動きは天文学者でなければ分からない

今は西洋占星術用のソフトが販売されていますので、星の動きは天文学者でなくても分かります。
ただし、専門的な知識がないと判断は厳しいと思います。

5.誰にでも分かる簡単な方法が考えられた。

その方法が、当時の天文学で地球から遠い順番である土星、木星、火星、太陽(日)、金星、水星、月の順番で、各惑星が一時間ずつ支配する。

6.1日の最初の時間の支配星がその日の支配惑星となる。
7.誕生時に支配した惑星が、その生児の生涯の運命を決定する。これが17世紀まで続いた占星術の鉄則である。

何とも分かりにくい文章ですが、文脈からすると1時間毎に支配惑星が順に替わると言う事ではないかと思われます。

1日は24時間なので24÷7=3 あまり3
そのため、翌日の支配惑星は、4番目の惑星となる。

具体的には、土星から4番目の惑星は太陽(日)、太陽から4番目は月、月から4番目は火星・・・・
つまり、誰もが知っている曜日の順番となります。

誕生日だけで自分の運勢が分かる星座占いの中世版が現在の曜日の順番のルーツと言うことでしょうか?

at 13:58, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(0), -, pookmark

comment