smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
profile
recommend
recommend
recommend
鑑定のお申し込み

占いの鑑定とご相談は

こちらから

携帯専用サイトは 

こちらから

開運の方法
掲示板を開設しました

アクセスはこちらから

読者の皆様の交流の場にしてください
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 戒律と布施1(星) | main | 戒律と布施3(星) >>

戒律と布施2(星)

今回は大乗戒を取り上げたいと思いますが、本題に入る前に大乗仏教の戒律と小乗仏教の戒律の違いについて触れさせて頂きます。小乗仏教の戒律は、釈尊が出家修行者のために制定した戒とされ、具足戒と呼ばれます。具足戒を受けた場合、比丘は250戒、比丘尼は384戒を守ることが求められます。

 

これに対してこの大乗戒は正式な比丘・比丘尼となるための具足戒とは本質的に異なります。大乗戒は、菩薩戒とも呼ばれ、菩薩としての理想の生き方を示すべく制定された大乗仏教独自の戒です。特徴としては、心構えに重点が置かれ、罰則規定がありません。菩薩になろうとすることを望む人には男女や出家在家のちがいに関係なく等しく授けられ、小乗仏教のように、比丘・比丘尼・沙弥(しゃみ)・在家の信者の区別はありません。

 

これに対して出家者のための戒律とも言える具欲戒は、一般の法律と同じように罰則規定を備えた戒であるため、あいまいな部分が残らないように内容や適用範囲がきっちりと定義されています。例えば、小乗仏教の戒律である具足戒には、戒律を破った場合には、僧団から追放されて再出家も許されない四波羅夷法(し・はらいほう)と呼ばれる4つの重要な戒がありました。それは、性行為・盗み・殺人・悟ったと偽ることの4つとされていました。

 

そのため、出家者は当然のことながら結婚が許されないことになります。その意味では日本の僧侶の大半は破門されることになります。これに対して大乗戒は努力目標であり、明確な罰則はありません。その意味では大乗戒においては出家者であるか、在家であるかの違いはありません。

 

さて、大乗戒は、三帰戒、三聚浄戒、十善戒、、十重禁戒、四十八軽戒に分かれます。

 

三帰戒 ・帰依仏・帰依法・帰依僧                                

三聚浄戒 ・摂律儀戒(悪いことはしない)・摂善法戒(善いことをする)・摂衆生戒(全ての衆生を救う)

十善戒 ・不殺生・不偸盗・不邪婬・不妄語・不綺語・不悪口・不両舌・不慳貪・不瞋恚・不邪見


十重禁戒
・不殺生戒(殺さない)
・不偸盗戒(盗まない)
・不貪婬戒(犯さない)
・不妄語戒(誤ったことをいわない)
・不酤酒戒(酒に溺れない)
・不説過戒(他人の過ちを説かない)
・不自讚毀他戒(自らを褒め他人を謗らない)
・不慳法財戒(教えも財産も他人に渡すことを惜しまない)
・不瞋恚戒(怒らない)                                                

・不謗三宝戒(仏法僧の三宝を謗らない)

 

四十八軽戒

01.軽慢師長戒・02.飲酒戒・03.食肉戒・04.食五辛戒・05.不挙教懺戒・06.不敬請法戒・07.不聴経律戒・08.背正向邪戒・09.不瞻病苦戒・10.畜諸殺具戒・11.通国入軍戒・12.傷慈販売戒・13.無根謗人戒・14.放火損焼戒・15.法化違宗戒・16.惜法規利戒・17.依官強乞戒・18.無知為師戒・19.闘謗欺賢戒・20.不能救生戒・21.無慈酬怨戒・22.慢人軽法戒・23.軽新求学戒・24.背大向小戒・25.為主失儀戒・26.待賓乖式戒・27.受別請戒・28.故別請僧戒・29.悪伎損生戒・
30.違禁行非戒・31.見厄不救戒・32.畜作非法戒・33.観聴作悪戒・34.賢持守心戒・35.不発大願戒・36.不起十願戒・37.故入難処戒・38.衆坐乖儀戒・39.応講不講戒・40.受戒非儀戒・41.無徳詐師戒・42.非処説戒戒・43.故毀禁戒戒・
44.不敬経律戒・45.不化衆生戒・46.説法乖儀戒・47.非法立制戒・48.自壊内法戒 

※真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺のサイトに具体的な内容が解説されていますので、参考にして下さい。

しかし、管理人にも意味不明な戒律も幾つかあります。

 

参考サイト

真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺 十善戒 こちらから

 

もう少し掘り下げた考察

つらつら日暮らし 受戒と持戒 こちらから

真言宗御室派 医王山 福楽寺 僧侶の結婚 こちらから

 

大乗戒について調べていましたが、戒律について書かれた本も少なく、日本では戒律があまり重視されなかったようです。管理人は無戒を掲げる真宗の門徒ですので、受戒はしておりませんが、管理人も戒律を守れるように心掛けたいと思います。

 

 

ご相談は こちらから

at 16:27, 星 良謙・子授け地蔵, 仏教

comments(1), -, pookmark

comment
白ギツネ, 2017/01/23 2:59 AM

んー…。現代の法律的に見てもあからさまにアウトという戒律を除けば、可能なかぎり他人さまと関わらず、且つ、人工タンパク質でも摂取し続けなければ守りきれないように思いますが。かと言って、時代の変化に合わせてコロコロ柔軟に変えちゃったら、そもそも戒律の意義って何よ?となるし、色々難しいですね。