smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
profile
recommend
recommend
鑑定のお申し込み

占いの鑑定とご相談は

こちらから

携帯専用サイトは 

こちらから

開運の方法
掲示板を開設しました

アクセスはこちらから

読者の皆様の交流の場にしてください
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 指導霊について2(星) | main | 熱田神宮にて舞楽神事(星) >>

指導霊について3(星)

熱田神宮に参拝したきましたが、宝物館にて開催されていた催事のポスターの中央に写っている兜らしき物が何か気になりました。



結局、参拝後に入館しました。

檜の薄皮で作られた「檜兜」は、古式の飾り兜のひとつである。その様式はおそらく神事に用いる幣帛を模ったものであり、ゆえに神具と同じ白木を以て作ったのであろう。兜の頂には「出し」と称して、菖蒲や牡丹などの造花を挿し、これを神の降臨の目印(招代)とし、兜そのものを神が宿る依代としたものと考えられる。
宝物館だより P3より


「皇室ゆかりのお人形と五月飾り」となっていましたので古い時代の人形が並んでいるのかと少し期待しましたが、半分以上は現代の作品でした。ただ現代と言っても明治から大正時代の作品でした。残りは江戸時代が大半でした。

しかし、この「檜兜」は、一見の価値があると思います。また熱田神宮が所蔵されている太刀も美術品としても一級品でした。蛇足ながら時代劇に登場するお殿様の刀をイメージして頂ければ良いかと思います。もっとも刀と太刀は異なります。

が、しかし・・・・
そんな太刀などには見とれているいると何やら冷たい視線が・・・
気付けば、興味のなさげな人が隣に・・・orz

それは、さておき・・・
考えてみれば、指導霊と言っても色々な方がおられることに気がつきましたので、指導霊の話の続きを書こうかと思います。

神霊と言っても千差万別であり、色々な神仏がおられます。
すべての神霊がすべての人間の指導霊であると考えることはできるのですが、やはり女性の神霊は女性を優先的に加護されているのではないかとの印象があります。また一般的に荒神様と呼ばれる神霊はその指導は少しばかり手荒いと言うか、激しい傾向があります。そのため、複雑な人間関係を清算する必要があるときなどに一番力を発揮されるとの印象があります。

これは管理人の個人的な体験から感じていることであり、何の根拠もない話であると言ってしまえばそれまでなのですが、神仏の世界には色々な役目を担っている神霊の方々がおられるのではないかと思うようになりました。

神仏と呼ばれる方々のお力は融通無碍であり、そのお力は管理人が理解できる範囲を超えておられていますが、管理人がそのお言葉を聞ける段階の神霊となりますと少し事情が変化します。また管理人がお言葉を聞ける段階では、そのお力にも違いを感じるのですが、管理人がお言葉を聞くことができないような高い段階の神仏となりますと仏様の違いや神様の違いによるお力の差が限りなく少なくなります。

しかし、管理人がそのお言葉を聞ける段階の神霊の場合には、そのお力にかなりの違いがあるだけなく、その働きにもかなり違いがある印象があります。女性神は基本的に非常に優しいお力を感じますが、優しい力の代表とも言える阿弥陀仏のお力に比べるならば女性的なお力を感じます。

また同じ女性神でも仏教の場合には、弁才天(弁財天)、鬼子母神、慈母観音など、神道の場合には、杵島比売命(いちきしまひめのみこと)【一般的には弁天様とされています】、白山比弯(白山神社)、木乃花咲耶媛(浅間神社)などがおられますが、やはり微妙に異なります。

すべて女性的な優しさを感じますが、鬼子母神、慈母観音に関してはどちらかと言えば母性的な優しさであり、杵島比売命、木乃花咲耶媛に関しては女性的な優雅さを感じます。そして弁才天(弁財天)はどこか力強さを感じます。ただ共通しているのはどの神霊も女性の味方と言うか、女性を守りたいとの意思を強く感じます。

そのため育児や子宝などの問題にて悩まれている場合には、鬼子母神、慈母観音に祈願されれることをお勧めしていますが、基本的には女性の問題は女性神にお願いするのが効率が良いのではないかと思われます。

また荒神様と言われる神霊の場合にも同じような傾向があります。仏教では、不動明王、毘沙門天、三宝荒神、神道ならば、素盞鳴尊、建御雷命、八幡神などが代表的かと思われます。神仏の慈悲に大きな違いはないことから区別すべきではないかとは思いますが、霊障の問題にて悩まれている場合には、不動明王、毘沙門天、三宝荒神などの仏の働きが寄り効果的であり、人間関係などの現実的な問題には素盞鳴尊、建御雷命、八幡神などの神様の働きが効果的であるとの印象があります。

他にも商売繁盛の分野では、仏教では、大黒天、荼枳尼天(お稲荷さん)、布袋尊、弁財天、神道の場合には大国主命、恵比寿、事代主命、宇迦之御霊(お稲荷さん)などが代表的かと思われます。それぞれの神霊の働きには微妙な差があると感じることがありますが、基本的に仏教の神霊は努力精進を重視され、神道の神霊は誠実さを重視される傾向があります。

しかし、同じ仏教の神霊でも大黒天と布袋尊、弁財天とでは微妙に異なります。大黒天は努力精進の傾向が一番強く、布袋尊は人徳や陰徳を重視され、弁財天は女性的な繊細さや配慮を重視されると思われます。ただ、何分にも商売繁盛や病気平癒は、多くの神社仏閣でも御利益として掲げておられますのでそれぞれの神霊の働きにも特徴があると思います。

at 09:23, 星 良謙・子授け地蔵, 心霊現象と神秘体験

comments(1), trackbacks(1), pookmark

comment
くう, 2008/05/02 6:08 PM

星さま

なるほど。

始めて訪れた神社仏閣では必ず由来書を頂いて読みますが、やはり女性神に心引かれていた理由が少しわかるような気がしていきました。

そういえば、最近の投稿には
コッチャコイ(^^)/~~~zズルズル・・・
の話題が少ないですが、子授け様・影武者様の修行のときのお話が懐かしいです。

偶然お参りした神社が氏神様と同じ神様だと、「聞き及んでおるぞよ〜よう来た〜」と聞こえるような気がしてテンションがあがってしまいます↑(*^_^*)








trackback
url:http://raifuku.jugem.jp/trackback/828
幸福,開運,ツキを呼ぶ名言, 2008/05/05 6:59 AM

幸福,開運,ツキを呼ぶ名言