smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
profile
recommend
recommend
鑑定のお申し込み

占いの鑑定とご相談は

こちらから

携帯専用サイトは 

こちらから

開運の方法
掲示板を開設しました

アクセスはこちらから

読者の皆様の交流の場にしてください
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 自分の人生を生きれない人(影) | main | 木でヒーリング(星) >>

ブログで書けない事(星)

普段はあまりアクセス数も気にしていないのですが、アクセス解析を見てみますといつもオーブに関する検索が上位にランクされています。以前は前世関係の検索が多かったのですが、何とかの泉が視聴率が低迷してるためか、検索も減りました。

その意味では、オーブの人気は続いてると考えるべきなのでしょうか。しかし、オーブについては書くべきことは書いてしまった感があり、他に書くこともないので記事を補足することもなく、そのままにしてあります。

また心霊現象の話について書こうとしても体験談が中心になってしまいますが、管理人の仕事は、秘密厳守が基本であり、ブログでは書けないことだらけです。そのため、ブログで書くことができるのは、一般論の範囲となってしまいます。

以前の記事でも書きましたが、一般の方が心霊写真ではないかと疑う写真の大半は、偶然の産物であり、光学的な原因ではないかと思われる写真ばかりです。では心霊写真が存在しないかと言えば、別の問題です。

心霊世界は心の世界であり、時間も場所も関係がないとされています。そのため理論的には、写真でなくとも愛用の品物など相手の方の念が入っているような品物であれば、相手の意識に入ることができます。

これは以前、超能力を取り上げていたテレビ番組内で、超能力者が失踪者の愛用の品などを利用して、失踪者の意識に入り込んでいたことから、ご存知の人も多いのではないかと思います。しかし、これがもう少し能力が高くなりますと対象となる人物の名前や住所、年齢などが分かれば、対象となる人物の多くを知ることができるようになります。

この次の段階になれば、相手の名前や住所などの個人情報すらも必要なく、相手を特定できれば相手の意識を探ることが可能となります。これも超能力を取り上げていたテレビ番組で、失踪者の名前などの個人情報を書いた紙を封筒に入れたままの状態で透視をしている超能者が行っていたことです。

管理人も昔は名刺などからどんな人物であるかを探った経験もありますが、色々な理由から現在は行っていません。その一つに理由に御神仏の意向もあります。つまりある程度の霊格の神霊となれば、他人の生活を覗き見するような行為は禁じられます。許されるとしたならば、どうしても必要な場合であると思われます。しかし、そのようなことは皆無にも近いことでした。

それと霊視の不安定さもあります。霊視で多くの情報が得られるとしても確証が得られないことが多く、管理人からするならば、霊視に頼るよりも占なった方が的確な情報が得られます。つまり何処の誰かも分からなくても相手の状況を知ることができることの意味においては占いも同じです。ただこれは易やカード占いなどに限られた占いであり、星占いや姓名判断の場合には、個人情報が得られなければ占いとして成立しません。

霊視や占いに共通しているのは、対象となる人物の意識に入り込み、情報を得ることであると言えます。その意味においては、写真は手がかりとはなりますが、必要不可欠な条件ではありません。

前置きばかりが長くなってしまいましたが、力のある人間ならば、個人情報だけでも生きている人間の意識でも探ることが可能なのですから、心霊となればもっと簡単に意識が同通しやすいとも言えます。そのため写真に不気味な影や光の玉が写っていなくても成仏されていない心霊の苦しみが伝わってくることもあれば、逆に霊格の高い神霊のお力を感じることもあります。しかし、それらの写真を公開したとしても読者の大半は普通の写真としか思われない写真です。

つまり心霊の世界は心の世界であることから縁があれば、意識が通じる可能性は常にあります。そのため写真を縁として意識が通じる可能性は高いと言えますが、写真でなくても故人の手紙や愛用品を通して亡くなられた方の思いが伝わってくることはあります。また生きている方の写真でも、その方が不成仏霊の影響を強く受けている場合は、不成仏霊の抱いている感情が伝わってくることがあります。

この逆が神社仏閣への参拝ではないかと思います。神仏の世界も心の世界であることから何処にいたとしても神仏に通じるはずなのですが、神社仏閣に参拝することでその神社仏閣の神霊のご加護を受けやすくなるのではないかと思われます。

何だか、まとまりのない話となってしまいました。m(_ _)m


at 01:25, 星 良謙・子授け地蔵, 心霊現象と神秘体験

comments(1), trackbacks(1), pookmark

comment
恵み, 2008/06/11 2:46 AM

いつもありがたく拝見しておりますが、初めてコメントいたします。

今回の記事、とても興味深いものでした。私は写真を見ても全く霊などわかりませんが、霊能者の方々が対象を捉えて同調し、意識を読みとる感覚が少し理解できたように思います。反面、見えないことに感謝したくなりました。

もしよろしければ教えていただきたいのですが…
霊能者の方々が相手を読みとるときは、相手から何らかの形で気づかれているのでしょうか?私にはまったくわからない感覚ですが、特に心霊ならば、同調するからには、何らかの影響を受けるのではないだろうかと思いました。念を受けたり頼られたりしないのですか?








trackback
url:http://raifuku.jugem.jp/trackback/855
幸福,開運,ツキを呼ぶ名言, 2008/06/08 5:00 AM

幸福,開運,ツキを呼ぶ名言