new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 心霊スポットならぬ心霊サイト | main | 心霊スポットならぬ心霊サイト3 >>

心霊スポットならぬ心霊サイト2

 どうも今日は朝から体調が良くない。これは昨日見たサイトのたたりか?まあその程度のことで体調を崩していたならば本当に奇怪な現象で悩まれている人の相談に応ずることなどできるはずもありません。

 本当はサイトを移転したことこともあって寝不足気味になっているのが原因ですがこんな日には占いの予約も断り、ゆっくり休むしかありません。というか今日は最初から予約なしの日、最も大抵のお客さんは突然に電話が入りすぐ鑑定して欲しいと言われます。

 私用で外出していたときなどに帰りによって欲しいとの依頼もありますが生憎と道具(主にカード)を持参していなかったときには怒られたこともありました。まあ、どうしてもとなればコンビ二でトランプを買うか、硬貨が三枚ほどあれば占えます。ただそのことを知っている喫茶店の店主からお客として立ち寄ったときにも相談されることもあります。

 こんなときに一番困るのが鑑定料です。親切丁寧をモットーとしている?私としては10分もかからない程度の占いで鑑定料をいただきにくい。通常ならば三千円程度の請求となるのでしょうが、三十分を一つの目安にしているので料金を貰いにくいのです。

タイプ別心霊サイト
 最初から脱線してしまいましたが今日は前回の続きを書きます。昨日は心霊サイトの確率の高い分野を紹介しましたので今日は心霊サイトをタイプ別に紹介します。霊能者は悪霊とか怨霊だとか色々名づけていますが人間に悪人と言う人種がないようにそれらは霊能者が区別しているだけのことです。

 しかし人間の性格を幾つかのタイプに分類できるように心霊サイトも幾つかのタイプに分類することは可能です。それはそのサイトの管理者の性格が反映されます。陰湿な人は陰湿なサイトになり、貪欲な人は貪欲なサイトになります。

 そんなことはある意味当然のことではないかと思われる人も多いのではないかと思います。文章にその人の性格が反映されるのであるならばそれはブログであっても例外ではありません。ただ重要なことは人の想念には力があることです。

 そのため憎しみの感情を強く抱いてる人や不平不満を溜め込んでいる人はそれらの想念が本人の意思とは無関係に発散されているだけでなく、その人の書いた文章も同じ働きをします。特に不平不満を発散させるために書いたような文章は特にそのことが顕著となります。

 う〜どうも話がややこしくなってしまった!まあこれ以上話を掘り下げるのはやめておきますが心霊サイトとは名づけましたが正確には悪想念サイトとも言うべきサイトは数多くありました。しかし、悪想念を浴び続けるならば不成仏霊を呼び寄せてしまうことから結果的には同じことになります。

 本当は心霊サイトをタイプ別に分類しようと考えていたのですが余計なことばかり書いてしまいましたので次回に掲載します。

関連記事
心霊スポットならぬ心霊サイト
心霊スポットならぬ心霊サイト3

at 13:53, 星 良謙・子授け地蔵, 心霊サイト

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment







trackback
url:トラックバック機能は終了しました。