new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 大掃除で開運?・補足(星) | main | 謹賀新年(星) >>

年末のご挨拶に代えて(星)

バタバタしている日が続いていましたが・・・・・
いよいよ大晦日となってしまいました。

この一年を振り返って考えてみるならば、何かうろうろしていただけのような・・・・
さして何ができたわけでもない気がしています。

しかし、テレビでは派遣社員の契約打ち切りや期間労働者の突然の解雇などが連日テレビで放送されている現実を考えるならば、綱渡りでも生活ができるだけでも幸せなのかなどと考えてはいます。ただ、世の中が不況になり、社会情勢が不安定になると霊感商法が流行することが多いのではないかと考えると少し気が重くなります。

管理人がこのブログを立ち上げたのは、稼業としている占いやこのブログで扱うことの多い心霊の世界は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)の跋扈(ばっこ)している世界と言えるからでした。また善意の人であり、善意からの行動であるとしても、管理人からすると、その言動に疑問を抱くことが少なくありません。

先日もある霊能者の方のサイトを拝見していたのですが、その霊能者の方は一度の除霊で終わるのが当然であるとのご意見をお持ちのようでした。しかし、管理人の過去の経験では、一度の供養で成仏される不成仏霊もいますが、一度や二度の供養では成仏しない不成仏霊が少なくありませんでした。

勿論、何が本当なのか、何が間違いなのかを判断するのは難しく、また管理人は霊能者として活動はしていませんので、除霊の経験も限られています。そのため管理人に一度の除霊ですべての不成仏霊を成仏させることかできないだけなのかもしれません。

ただ管理人の過去の経験では、成仏することを求めながら成仏できないでいる場合には、比較的容易なのですが、依頼者の家系に激しい憎しみを抱いている場合などには、成仏が難しいとの印象があります。またあまりにも不成仏霊の数が多い場合には、すべての不成仏霊を成仏させることが困難であったり、不成仏霊が生前に信仰していた宗旨へのこだわりが強く、異なる宗旨での供養では成仏しなかったりする場合がありました。

更に特定の宗旨を修行されている行者の方は、御自分が信仰されている宗旨からの教えで解説されています。これはある意味当然のことではありますが、異なる宗旨の立場からするならば、考え方が異なる場合が少なくありません。

しかし、一番危険性を感じるのは、不幸の原因を心霊現象に求めすぎることですが、逆に心霊現象を否定するだけでは何も問題が少なくありません。そんな訳で心霊現象とは何かについて書く事は実に難しいと改めて考えています。

最後に・・・・・

今年、一年愛顧頂き有難うごさいました。
また皆様のご支援ご鞭撻頂きましたこと御礼申し上げます。

at 16:44, 星 良謙・子授け地蔵, 霊能者について

comments(2), trackbacks(0), pookmark

comment
tata, 2008/12/31 7:21 PM

先生にはご挨拶だけでもしておきたいです。
(しかしながら、先生の占いにどうお世話になろうか、考えがまとまらず、まだまだこの先も何の貢献もできないかも…です。)
図々しくも、またこのHNでコメントさせて頂いていますが、隠すことなく投稿できたこと、本当にありがたい事でした。
仏教と神道の入口を様々掲載して下さったおかげで、私の過去二年間は、かなりつらい精神・肉体の苦痛がありましたが、それでも今に至ることができました。
まだあと五年は色々な闘いです。阿弥陀如来様、神道の神様を知らずしては到底、越えられるはずのない最大の山場です。
自分的にはもう充分生きたし精魂尽き果てた感なのですが、人生で二度も御神仏と出会わせて頂いた感動を忘れず、越えていきたいと思います。ありがとうございました。

miyosi55, 2008/12/31 6:42 PM

旧年中はお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします\(^o^)/
#お屠蘇つけ込み中です^^








trackback
url:トラックバック機能は終了しました。