new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

占いと統計(星)

浄土真宗本願寺派名古屋別院に参拝しましたところ、3月13日から3月16日まで報恩講が開催されることが分かりました。
法要は毎日午前10時半と午後1時半の2回開催され、15日の土曜には、午後3時半、午後5時半にも法要があります。
いずれの法要の後に法話がありますが、15日の午後5時半の法要の後の法話は、リレー形式で9時まで行われるとのお話でした。

もっと早くご紹介できれば良かったのですが、・・・・
名古屋近郊にお住まいの方は、お時間があれば参加してみて下さい。

それはさておき・・・

以前に読んだ星占いの本の中に科学的な占いはあっても、占いは科学ではないと書かれていました。
管理人も長年、占いをしていますが、占いが科学かと問われたならば、同じ答えをすると思います。人によっては、占いは統計学であると言われる方もいますが、本当に鑑定結果を統計調査をした占い師がどれだけいるのだろうかと疑問を持ちます。

勿論、実際に鑑定結果を統計調査された方もいます。古い本ですが、昭和37年に発刊された「手相術 浅野八郎著 光文社」は生命線、知能線、感情線の主要な線を中心に書かれた本ではありますが、実際に統計調査をされた結果を公表されている珍しい本です。

運命学の本ではありませんが、薬局を経営している知り合いから手相と病気の関連について書かれた本を紹介されたことがあります。記憶では病院の医師が患者の手相と病気の関係について調査した結果をまとめた本でした。どちらも手相の本なのは、星占いなどに比べますと不特定多数の方を対象とした調査が容易なことが理由ではないかと思われます。

少し古い本となりますが、故鮑黎明氏は、著書「開運 2002年度版 風水暦」の中で下記の様に書かれています。少しばかり専門的な話となりますが・・・
 

 日本では一年の始まりは毎年の2月4、5日の「立春点」であると一様にどの方位学の書をはじめ、東洋の占術書には記されていますが、実はこの「年の起点」は東洋占術においては大きな問題であります。
 すでに四柱推命(中国では八字と呼びます)では、年の起点について立春説と冬至説に分かれています。数の上からは立春説派の方が圧倒的に多いのですが、冬至派の意見も無視できません。
 中国、台湾、香港でも状況は大同小異でしたが、20年ほど前に台湾の陳怡魁博士が独創的な起点説を発表したことにより、両者の論争に事実上のピリオドを打つことになったのです。それは簡単にいえば、原則として「干支」は毎年ほぼ立春が起点となりますが、「九星」は小寒が起点になるというものです。
 正確にはその年によって起点がずれます。陳怡魁説によれば、干支・九星の起点は12月22、23日の冬至から2月4、5日の立春までの45日間を前後して移動することになります。
 陳怡魁博士は筆者の恩師であり、何千何万人のお弟子さんから総計20万人のデータを集計して、帰納的に結論づけた素晴らしさは他の追随を許しません。
 これまでに東洋占術を研究してきた人には抵抗があるでしょうが、どうか実占することにより、その正当性を確かめてほしいものです。


開運 2002年度版 風水暦 鮑黎明著 P4-P5

管理人は、四柱推命や紫微斗数に精通していませんので立春説と冬至説のどちらが正しいとは言えませんが、故鮑黎明氏は冬至説を採用されています。そのため、故鮑黎明氏の著書では、一般的な暦とは日の九星が異なっています。

また、石川源晃氏は【演習】占星学には星占いの法則を統計学で検証することについて触れられていますので、少し抜粋してご紹介します。
 

☆−占いと統計−☆
 本書は統計の専門書ではありませんが・・・・

 読者に認識していただきたいのは、占星学は統計に基づくから正しいというものではないということです。占星学が正しいのは、冷静で客観的に記録を検討するという姿勢が、占星学をつねに正しく導いているからです。
 なお、占星学の法則の評価をする場合とか、どのような場合に適用するものがよいのか? という問題を研究する時には「統計的な研究」が重要なものとなります。
 筆者は客観的なデータによって占星学の法則を証明するために、1975年に「占星学による576件の航空機事故」を、また1982年に「占星学による548日間の東京の天気」を数学的統計によって研究し、それぞれ米国占星学者連盟AFAで発表しました。この研究では、いずれの場合についても、法則に「一致」したものと、「一致しない」もの、および結果が「明らかでない」(いわゆる灰色な)ものの3種に分けて検討しました。
 アディーによれば、占星学の統計研究する場合には、少なくとも「300件以上」の客観性のあるデータを使用すべきであり、データの数がそれ以下の時には、統計を論じてはならないといっています。なお、統計数学では、調査・研究するためのデータを「サンプル」と称しますが、本誌では「占星学データ」と称することにします。


【演習】占星学入門 石川源晃著 平河出版社 P37-P38

尚、この本では、統計の客観性を保つための注意点を詳しく解説されています。

また、著者の石川源晃氏は、この本の中で「事前確率」の解説として1921年から1974年までの53年間に起きた軍用機を除く、576件の民間航空機の事故(死者が五名以上)と占星術の関係について調査された結果を紹介されています。その内容を引用しても占星学の知識がないと意味不明な内容となりますので、結論だけを紹介します。
 

 このような手続きを重ねながら、占星学と航空機の事故の関わりを、一つ一つ丹念に統計数学で証明していき、マレフィック(火星 土星 天王星 海王星 冥王星 ※原文は全て記号で表示されています)と太陽【原文は記号も表示】との間のセクスタイル【原文は記号も表示】(60度)、クインタイル【原文は記号も表示】(72度)および△トライン(120度)のアスペクトの複合との事故との適合(fit)が顕著であることが証明されました。
(その詳細については本書の範囲を越えるので割愛します)


【演習】占星学入門 石川源晃著 平河出版社 P44

他に姓名判断の本で新聞の記事に掲載された名前と事故や事件の関連性について調べられた方の話を読んだことがありますが、具体的な統計調査ではありませんでした。

統計を利用して占いの法則性の検証した結果について書かれた本は、他にも多数あるとは思いますが、知っているのはこの程度です。

石川源晃氏は、引用させて頂いた文章の中で「読者に認識していただきたいのは、占星学は統計に基づくから正しいというものではないということです。占星学が正しいのは、冷静で客観的に記録を検討するという姿勢が、占星学をつねに正しく導いているからです。」と書かれています。占いの法則の検証をすることは、非常に有意義ではありますが、占いは統計に基づいているとは思いません。

その理由を書き始めますと長くなりますので、次回にさせて頂きます。


 
JUGEMテーマ:占い

at 15:20, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(0), -, pookmark

病気と占い2(星)

はっとり様、コメント有難う御座います。

「占いで病気を治す!なんて概念はあったのでしょうか?護符のようなものとか…」とのご質問ですが、占いは予知を中心とした術であり、呪術ではありません。しかし、占いと呪術を厳密に区別することは難しいことから全くないとも言えません。

風水は占いではなく、方位術ですが、占いに通じる面もあります。例えば、周囲の建物や部屋の間取りの関係で家の主人が病気になりやすいとか、星回りでこの年に病気になりやすいと判断することはあります。風水が原因で病気になったならば、風水を調整することで、病気が治ることもあります。風水師の行っていることは風水の調整であり、治療行為ではありませんが、風水を調整することで病気が治ったならば、依頼者にとっては、治療行為と同じ結果となります。

奇門遁甲も占いではなく、方位術ですが病気の治療に向く方位もあります。また、方位術の中には、引っ越しすることで運気を向上させる方法もあります。その他に気学ではお水取りやお砂取りと呼ばれる開運の術があり、その中には病気に適した方位もあります。これらの方法は、現代人の感覚からするならば、医療行為とは言えませんが、病気を治すための移動と考えるならば、治療行為と言えます。

さて、占いの話を戻しますと、ヨーロッパでも中国や日本でも病気の診断に占いが利用されてはいましたが、ヨーロッパでも中国や日本とでは少しばかり事情が異なります。中世ヨーロッパでは修道院が医療行為の中心であったようです。そのため、占い師が医療行為に関与することは少なかったと思われます。また、呪術的な治療行為は、教会によって弾圧されたこと歴史もありますが、ヨーロッパの歴史には詳しくありませんので、割愛させて頂きます。但し、古代ギリシャの時代まで遡りますと、医療と呪術の境界線は曖昧であったようです。

中国の占いの場合には、その多くが陰陽五行説の理論を元にしています。しかし、陰陽五行説は占いだけでなく、漢方の理論でもあります。また、漢方の古典である「黄帝内経」は易の理論を全面的に応用しているとされています。そのため、易を勉強していますと漢方も勉強することになります。そのため、占い師が漢方薬の基礎的な知識があったとしても不思議ではありません。蛇足ながら、管理人も一応は「黄帝内経」の入門書を読んでみたのですが、専門外の話が多くなることから理論は同じと言っても難解でした。

尚、占いと呪術の両方を併せ持つ専門家となれば、陰陽師が一番近いのではないでしょうか。陰陽師の歴史を調べますと、元々は陰陽師は占い師であり、何らかの異変があった場合に、それが何らかの天変地異や戦乱などの予兆ではないかなどを占うことが陰陽師の役目でした。例えば、流れ星を見た、猫が子供を産んだなど何か日常とは異なることがあったならば、何かの凶兆ではないか、神の怒りか、怨霊か、生霊かなどを陰陽師が占い、その結果で僧侶が加持祈祷をしたり、神職がお祓いをしたりしていました歴史があります。

医者にたとえますと、診断の専門家と治療の専門家に分かれていたと言えます。しかし、時代が下りますと、道教に基づく祭事を行うようになり、更に民間陰陽師ともなれば、道教や神道、仏教の知識を取り入れ、何でもありの状態となります。こうなってしまうと占い師とは言えなくなります。

結論としては、占い師が呪術的な行為で治療行為をしたとしても、占いの理論で病気を治すのではなく、別の理論体系を用いて治療行為をしていたと思います。

at 12:39, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(1), -, pookmark

病気と占い(星)

先日の事ですが・・・・・
地元のラジオ局のドラゴンズ応援番組を聞いておりました。
シーズン開幕前の恒例と言える解説者の順位予想をしていました。

まだ、春のキャンプも始まっていないのにと思いながら聞いておりましたが・・・・

1位 巨人 順当なところ・・・・
2位 広島 昨シーズン終盤には勢いがあったとは言う物の???
3位 横浜 確かにベテラン投手を補強はしましたが、3位???
4位 阪神 中日は???
5位 中日 (T△T) そんなぁ…
6位 ヤクルト 既に耳に入らず・・・・

管理人も今年の中日には大きな期待はしておりませんが・・・・

シーズンが始まる前は、(((o(^。^")o)))ワクワク

少しは期待するのがファン心理なのですが・・・・

今年も寂しいシーズンとなるのでしょう?

それはさておき・・・・

今回も占いの話を取り上げます。趣味で占いをしていた時期が長かったと書きましたが、趣味で占いを続けていましたので、少しばかりマニアックな占いも覚えました。そんなマニアックな占いの一つに病気に関する占いがあります。

トランプやタロット・カードの歴史は古いのですが、はっきりとした歴史は分かっていません。しかし、トランプは14世紀の後半には、ヨーロッパに存在し、タロット・カードは15世紀の前半にはイタリアで製作されていたようです。正確な記録も残っていなかったことから占いの道具として使用されていたのかも定かではありません。そのため、トランプやタロット・カードで病気を占っていたかとなりますと、分からないことが多いのですが、近代的な医療技術が発展する前は、占いと医療は密接な関係があったようです。

レントゲンどころか、聴診器すらなかった時代背景を考えるならば、多くの人々が病気の原因や対処方法を知る為に占い師を頼ったのも無理はないかと思われれます。これは日本でも事情は同じであり、江戸時代には易者にとって病気の診断も仕事であったようです。そのため、今でも易の本には、易で病気の診断方法が書かれています。易で病気の診断する場合には、一般の鑑定とは異なる解釈をしなければなりませんので、管理人も一応は勉強しました。

勿論、現代では占い師に病気を占ってもらうよりも、医者の診断を受けた方が遥かに有意義であると思われるだけでなく、医者としての資格のない者が、病気の診断を行うことは許されていません。そのため、病気に関する占いは、病院の選択や霊障の有無などに限って鑑定させて頂いています。

しかし、占うことは可能です。( ̄ー ̄)ゞ フフッ

話の種に書きますと、タロット・カードやトランプにも病気の鑑定方法があります。

トランプの場合には、トップ・カードから8枚を頭・右手・左手・胸・腹・腰・右足・左足として人形に並べ、ボトム・カードから8枚を頭・右手・左手・胸・腹・腰・右足・左足として1枚目のカードの横に並べます。これで各箇所に2枚ずつのカードが並びます。この2枚ずつ並んだカードの意味から病気の有無や体調を占います。

また、西洋占星術の病気の鑑定方法を利用した占い方法もあります。この方法はトランプでもタロット・カードでも鑑定可能な方法です。占い方は、12枚のカードを並べるのが基本となります。

1.牡羊座 頭
2.牡牛座 首・気管・甲状腺・耳・鼻
3.双子座 肺・気管支・肩・手・腕・脳・神経
4.蟹座  胸の周辺・胃・子宮
5.獅子座 心臓・脊髄
6.乙女座 腸などの管状の部位
7.天秤座 腰・腎臓
8.蠍座  生殖器・排泄器官
9.射手座 肝臓・大腿部・尻
10.山羊座 膝・骨・肘
11.水瓶座 血液・血管・リンパ腺・足のくるぶし
12.魚座 足底・神経・精神面

※現実の星座と西洋占星術で使用する星座は異なることから○○座ではなく、○○宮と表記される場合も多いのですが、一般的な星座の名称で表記しました。

勿論、西洋占星術でも病気の鑑定は可能です。

あれこれ書きましたが、医療技術が未発達の頃には、占いで病気の診断をしていた時期がありました。

書いてはみたものの、今回の記事にはあまり意味はなかったかと思いますが・・・・

たまには意味のない記事も良いかと書いてみました。


 
JUGEMテーマ:占い

at 14:51, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(1), -, pookmark

人気占い師(星)

初詣の混雑も終わりましたので、神社仏閣への参拝を始めたのですが・・・・

このところ、企業の方々の集団での参拝に遭遇することが多く、少しばかり戸惑っています。

先日もあるお寺で護摩供養に参拝しましたところ、超有名企業の団体が・・・・

半端ではないお札の数が・・・(TT; )( ;TT) オロオロ

こんな日は、仏様も忙しいのだろうかなどと考えておりました。

それはさておき・・・・

管理人は占いを仕事にしていますが、このブログではほとんど占いの話を取り上げていません。占いの仕事は、秘密厳守のため実例を取り上げることできない事情があります。しかし、久々に占いの話を取り上げたいと思います。

このブログで何度も書いた話ですが、管理人が占いを始めたのは、中学時代のトランプ占いでした。そのころから考えますと占い歴は、40年以上と言う事になりますが、真剣に占いを勉強した時期は20代後半と占い師として活動を考え始めた時期だけとも言えます。勿論、プロとして活動を始めてからは、勉強は不可欠であり、日々精進と言ったところです。

しかし、いずれにしてもプロとして活動している期間よりも趣味として占いに関わっていた時期の方が長い事は事実です。何分にも趣味で占いを研究している頃にも人から頼まれて占うことは多かったのですが、管理人にとっては実際の鑑定は、自分の勉強した成果の確認でしたので、依頼者に媚を売る必要もなく、依頼者が期待してるような言葉を並べる必要もありませんでした。そのため、鑑定結果をそのまま伝えていましたところ、辛口だと言われるようになりました。

自分としては、鑑定結果をそのまま伝えているだけであり、特に依頼者の方に対して冷淡にしているつもりもありませんでした。そのため、プロになる事を考え始めた頃に二回ほどプロの占い師に鑑定をして頂いたのですが、依頼した鑑定内容とは無関係な内容を延々と話したり、あまりにずさんな鑑定に唖然としたりと何の参考にもなりませんでした。

その後、テレビで超人気占い師の鑑定の様子を取り上げていましたが、「ああ、こうゆうことか」と納得しました。その占い師は、あるタレントの再婚の可能性をタロット・カードで占っていましたが、「ワンド4(棒4)」が出ていますので、将来の結婚は間違いがないと太鼓判を押していました。

????(-"-)????

「ワンド4(棒4)」の基本的な意味は、一定の段階に到達することです。そのため、常識的に解釈するならば、結婚に向けての準備が整うと解釈するか、良い方との出会いがあるとの解釈となります。勿論、「ワンド4(棒4)」が結婚を表していると解釈することは可能ではありますが、拡大解釈の極みとも言えるような解釈です。

では、そのタレントさんは結婚されたかとなりますと・・・・・α~ (ー.ー") ンーー

週刊誌にはゴシップ記事の主役として活躍されたようですが、再婚されてはいないようです。

また、別の鑑定の様子では、ある実業家の新規事業の成功の可能性をタロット・カードで占っていましたが、「ワンド3(棒3)」が出ていますので、事業の成功は間違いがないと太鼓判を押していました。

????(-"-)????

「ワンド3(棒3)」の基本的な意味は、発展の入り口に立つことです。そのため、常識的に解釈するならば、事業展開の見通しが立つとの解釈となります。勿論、「ワンド3(棒3)」が事業の成功を表していると解釈することは可能ではありますが、かなり無理があると思います。

占い師に相談される方は、将来に不安を感じているからこそ、占い師に相談されることから、希望に満ちた言葉が返ってくるならば、喜んで帰られるでしょうし、不安を解消したいからこそ、占いを頼られるのだと思います。そのため、占い師から希望に満ちた言葉を聞くことが出来るならば、依頼者は喜んで鑑定料金を支払い、気分良く帰られることができます。

また、楽観的過ぎると思われる鑑定結果でも、半分は成功される可能性があり、結果的に半分は占いが的中したことになります。そうなると依頼者は先生のお陰と占い師を持ち上げます。では、残りの半分は外れたと騒ぐかと言えば、そうでもありません。失敗したならば、また希望に満ちた言葉を聞きたくて、占い師を頼ります。

つまり、依頼者の求めていることは、真剣なアドバイスではなく、希望に満ちた言葉であり、不安感の解消であると言えます。そのため、占い師が商売として成功する秘訣は、占いの技術を磨く事よりもセールストークを磨くことであると言えます。

α~ (ー.ー") ンーー

管理人もそのことは、分かってはいるのですが・・・・

失敗する可能性が高いのに、「大丈夫です。心配する必要はありません。」と太鼓判を押せません。
結果として依頼者の希望を打ち砕くことになるとしても、失敗される可能性が高い時には、そのことをお伝えしています。

失敗する可能性が高くても、方針を軌道修正することで、成功する可能性が高くすることができます。それが本来の占いの目的であり、占いが的中することよりも、良い方に外れることの方が大切だと考えています。逆に言えば、占った通りの結果となっても依頼者にとって不利な状況を回避できなかったならば、占った意味はないと考えています。

しかし、占いを商売として考えるならば、真剣なアドバイスよりも、希望に満ちた言葉の方が大切なのですが・・・
これも、趣味で占っていた期間が長すぎた弊害でしょうか?


 
JUGEMテーマ:占い

at 00:58, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(0), -, pookmark

独学の難しさ(星)

 世の中はゴールデンウィークとのお話ですが・・・・・

浮き草家業の管理人は、世の中とは無関係に過ごしております。

しかし、世の中の多くの人は行楽に出掛けられるためか、毎年この時期は暇になります。

ウロチョロ へ(^^へ)))(((ノ^^)ノウロチョロ

あ・・・、売り上げが・・・と嘆いていても始まりませんので、占いのホームページをコツコツと修正しております。タロット・カードとトランプを中心にメニューの入れ替えをしていますが、修正が終わるのは暫く先になりそうです。

修正が終わりましたならば、改めてお知らせさせて頂きます。m(_ _)m


それはさておき・・・・・

暫く前のことですが・・・・・
久々に大型書店をのぞいたところ、ホラリー占星術の本を見つけました。

ホラリー占星術と言っても一般の方には馴染みのない言葉だと思いますが、相談を受けた時刻から運勢を占う少し変わった星占いです。

一般的な西洋占星術は相談者の生年月日などのデータを利用してホロスコープを出して運勢を鑑定しますが、ホラリー占星術は相談者から鑑定の依頼を受けた日時のデータを利用して運勢を鑑定します。しかし、西洋占星術とホラリー占星術の一番大きな違いは、ホラリー占星術では商談の成否、失くし物、恋愛の成り行きなどを占うことが可能な事です。

ホラリー占星術は以前から知っていましたが、今一つよく分からないことが多い占いでした。そこでもう一度、ホラリー占星術を覚えようとしたのですが・・・・

????(-"-)????

結局、1冊の入門書と3冊の専門書を前に途方に暮れることになりました。

理由は4冊の本の内容に違いかありすぎて何を信用すれば良いのか分からないことが理由でした。

入門書は別として専門書の著者は西洋占星術の世界では有名な方なのですが・・・・

そこで色々と調べたところ、西洋占星術を勉強する場合には、洋書で勉強すべきとの意見に辿り着きました。

α~ (ー.ー") ンーー 

日本人の書いた本は信用できないと言う事でしょうか?

それが本当ならば、本代を返せ・・・・

専門書は高いのだ 怒怒怒 (`´)怒怒怒

(ノ`´)ノミ┻┻がっちゃ〜ん

と言いたくなるところですが・・・・

よくある話なので諦めてます。仕事柄占いの専門書は数多く持っていますが、結果的に参考にならなかった本は数多くあります。確率から言いますとほとんど役に立たなかった本は、3割程度はあるのではないかと思います。また、5割は多少は参考になる程度であり、本当に役に立つ本は2割程度ではないかと思います。

それでも最初は右も左も分からないことから取りあえず買ってみるしかないと言えます。また一般向きの占いの本とは異なり、専門書は需要が少ないことから直ぐに絶版になる傾向があります。絶版になってから古本で購入しようとしますと人気のある本の場合には、定価の数倍で取引されることも珍しくありません。そのため、迷ったら買うことにしています。

その意味では独学は無駄が多く、遠回りは宿命であり、効率から言いますと講習などを受けて学ぶ方が勉強の効率は良いと言えます。しかし、優秀な先生を選びませんとお金だけを使って成果がない結果ともなります。つまり、独学の場合には、良書と巡り合うのが大変であり、師に学ぶ場合には師を選ぶのが大変と言う事になります。どちらも一長一短はありますが、良い師に出会うことができたならば、師から学んだ方が学びは早いと思います。

しかし、有名な先生に学んでも内容に疑問を感じる場合や金儲け主義で充分に理解できていない生徒でも卒業させてしまうとの話もあるようです。また、講習会場が東京や大阪に限られることが多く、地方在住者には物理的にも障害が多いと言えます。

そのため、良書に出会うとそれだけ喜びも大きくなります。
ホラリー占星術の本は、本棚にしまったままになりましたが、一緒に買った「五行大義」は少しずつ勉強しています。何分にも五行説の理論書ですので占いに興味のない方が読まれても意味不明の内容だと思います。

しかし、四柱推命などの中国の占いを勉強されている方にならば買っておいて損のない一冊です。

at 19:52, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(0), -, pookmark

トランプ占いの話1(星)

風水や奇門遁甲の話の投稿が続きましたので、本業のトランプ占いの話題を取り上げることにしまします。今では滅多にトランプ占いの書店で見かけることはなく、並んでいたとしても子供の向きの本しかありませんが、40年程前はそれなりに並んでいた記憶があります。しかし、当時でもトランプの専門書は少なく、ゲームの紹介が半分と占いの紹介が半分となっている本が多かったと記憶しています。

易や四柱推命、西洋占星術、タロット・カードなどは優れた専門書は多いのですが、トランプとなると一般向きの本はあっても専門書となると皆無に近い状態です。そのため、トランプ占いに精通したいと思うならば、独学で研究するしかない状態です。

それでも中学時代にトランプ占いを始めた事もあり、トランプ占いの本だけは何冊も持っています。今回は、その中から幾つかの本をご紹介します。但し、何分にも昔買った本ばかりなので、既に絶版になっている本ばかりです。m(_ _)m


秘法カード占い入門 木星王著



木星王氏は、多くのTALOTに関する本の翻訳や入門書を手掛け、日本で一般にTALOT占いを広めた第一人者ですが、この本はTALOTだけでなく、トランプや占い専用カードの紹介も掲載されています。

昭和54年8月の初版本ですが、もうボロボロになっていることから古本としての価値はなくなっていますが、今でも手放せない一冊です。珍しいスプレットの紹介やカードの意味、組み合わせの意味など参考になることが多い内容です。残念ながら人気のある本ですので古本の入手は難しいようです。


トランプ予言入門 火星人著



この本も昭和55年に発刊された古い本であり、既に絶版ではありますが、人気のある本です。
カードの意味が短編小説風の逸話で書かれていることから読み物としては面白い本なのですが、個人的な評価としては持っていて損はないと言った程度です。


トランプ占い 久保田清著



この本の奥書には昭和48年11月1日32刷とありますので、初版はかなり古いと思われます。
そのため、紙質も悪く、文章にも時代を感じますが、今回ご紹介した本の中では、一番価値のある本ではないかと思います。恐らくは二度と入手できない本と思われる本であり、大切にしています。


トランプ占い入門 川上博世著



この本も初版が昭和51年と古い本ですが、今何度か再版された本であり、出版された部数も多いためか、古本ならば入手可能です。
52枚のカードの意味の詳しい解説や組み合わせの意味、古典的な占い方の紹介など参考になることも多い本です。


新トランプ占い入門 ジョージ土門著



この本も1994年(平成6年)の出版と古い本ですが、古本ならば入手可能です。
52枚のカードの意味の他に同札のカードの意味が書かれていることから参考になることも多い本です。


カード占術 白井小夜子著



この本も1997年(平成9年)の出版と古い本ですが、古本ならば入手可能です。
52枚のカードの意味は書かれていますが、少し個性的です。しかし、珍しい占い方が紹介されていることから持っていて損はないと思います。

他にも何冊かの本は持っていますが、どの本も内容に大きな違いはないと言ったところです。

at 09:34, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(1), -, pookmark

風水と奇門遁甲11(星)

風水と奇門遁甲の題名のまま書き続けてますが、気付けば風水の話ばかり・・・・

(- .-)ヾ ポリポリ

と言うわけで・・・・

今回は奇門遁甲の話題を取り上げます。

奇門遁甲と言っても一般の方にはあまり馴染みがない言葉ではないかと思います。
簡単に言いますと、中国で生まれた方位術です。しかし、方位術が分からない方もいるかと思いますので少し解説しますと、移転や旅行などの吉凶を判断したり、移転や旅行をすることで運気を向上させる術です。気学では吉方に出掛けてその土地の砂や水を持ち帰ることで運気を向上させる方法があります。

方位術としては気学が一般的ですが、気学は日本生まれの方位術であり、世界的に見ますと奇門遁甲が主流です。気学と奇門遁甲の何が違うのかと言いますと、一番の違いは方位の区分でしょうか。気学の場合には、東西南北を30度、東南、東北、西南、西北を60度ですが、奇門遁甲の場合には45度の区分が一般的となります。しかし、専門的な話となれば、気学と奇門遁甲では、全く異なると言えます。

また、気学の場合には、一白水星・二黒土星・・・・九紫火星などの九星と呼ばれる星の配列が判断の基準となりますが、奇門遁甲の場合には、十干(甲・乙・丙・丁・戊・・・・・)、八門、九星、八神、紫白(九宮)などの組み合わせで吉凶を判断します。

風水にも流派によって違いがあるように奇門遁甲にも色々な流派があり、流派によって何を重視するかなどの違いがあります。流派が異なりますと細かい点が異なるだけでなく、同じ時間・同じ方位でも吉凶が全く異なる場合もあります。

このブログで流派の違いを解説することに意味があるとも思われず、また奇門遁甲について解説できるほどの知識もありませんので、関心のある方は下記のサイトをご覧ください。

奇門遁甲愛好倶楽部 こちらから

奇門遁甲の歴史など分かりやすく解説されているサイトです。

また奇門遁甲には遁甲挨星法と呼ばれる方位術もあります。これは奇門遁甲と気学の大家である内藤文穏氏が考案された方位術とされていますが、奇門遁甲とは別の術と言えます。詳しい解説は一般の方には煩雑なだけであるだけでなく、詳しい解説が紹介されているサイトがありますのでご紹介しておきます。

斗柄舎:書庫 遁甲挨星法概説 こちらから

蛇足ながら管理人が奇門遁甲の本を最初に読んだのは、内藤文穏氏著の『奇門遁甲行動術』でした。本来の奇門遁甲ではありませんが、旅行することで人生を好転させることができるならば、こんな楽な方法はないと考えました。しかし、いざ実践しようとしますと簡単ではありませんでした。

短期間の旅行の場合には出発時刻と方位で吉凶を判断しますが、大吉とも言える時間は限られます。また大吉の時間が真夜中の出発時間となれば、利用が難しくなります。それでも利用しやすい出発時間を見つけて二回ほど利用しましたが、これと言った効果も実感できませんでした。そのため、いつしか関心を失いました。

それでも奇門遁甲には関心があったことから何冊かの本を買い求めましたが、奇門遁甲は難解な術であるだけでなく、吉凶の鑑定をするための作業が煩雑であることから本棚に眠る日が続きました。その後、作盤作成ソフト付きの本を買い求めましたが、奇門遁甲の理論が分かっていなかったことや鮑黎明氏の奇門遁甲と大きく異なる点などがあることから活用することもなく本棚に眠る日が続きました。

状況が変わったのは、高根黒門氏の「活盤奇門遁甲精義」に出会ったことからでした。この本の内容は専門的であり、一般の方が読まれても内容を理解することは困難と思われますが、各流派の違いなども解説されていることから、それまでの疑問が解消しました。

しかし、ここで厄介な問題が生まれました。流派によって解釈が異なることからどの流派を信用できるのかが分かりません。眠っていた奇門遁甲のソフトが、日本では主流派の透派でしたので活用し始めましてみようと考えたのですが、何分にも試したことがない術でしたので、本当に本に書いてある通りの結果となるか分かりません。

そこで旅行を計画されている方や仕事で出張を予定されている方に事情を説明して協力して頂きましたところ、透派の奇門遁甲は信頼できそうなこと、深刻な霊障がある場合には効果が期待できないと思われること、長距離の移動の方が効果が得られやすいことなどです。しかし、まだ検証の件数が少ないことから確信を得られていないと言ったところです。

at 02:21, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(0), -, pookmark

風水と奇門遁甲10(星)

占い師を名乗り始めた当初の頃の話ですので、随分と昔の話となりますが、飲食店を始めた知り合いからお店の風水の鑑定を依頼されました。その頃は風水を勉強を始めたばかりの頃でしたが、実践が一番の勉強になることから鑑定させて頂きました。この辺は知り合いの気安さと言うべきでしょうか、先方も勉強中であることを承知での鑑定依頼でした。

もっとも知り合いで勉強中であることから特に鑑定料金を請求しなかったことも、鑑定の依頼があったのかもしれません。(-_-)ゞ゛ウーム 

当時は羅盤も持っていませんでしたので、方位磁石を持ってお店の周囲をうろうろ・・・・

(@@;))))〜〜(((((;@@) うろうろ

事情を知らない人が見ればとっても怪しい人ではなかったりではないかと思います。

屋外の鑑定が終わり、何のかんのと話をしていましたところ、唐突に「実は・・・」と話を始めました。

お客さんから何代か前の借主が店内で自殺をし、その後何件かの飲食店が入ったものの、どのこの店も長続きしないとの話を聞いたとことから心配で風水の鑑定を依頼したと話しました。こちらからするならば、霊障の鑑定と風水の鑑定は全く別の話であることから、霊障なら霊障と最初から言えと言いたくなりました。

風水の本にも羅盤の使用する際の注意として下記のような事が書かれています。

〕綏造里修个剖眤阿覆匹魘瓩鼎韻討呂覆蕕覆ぁM綏造涼羶瓦砲△觴Э(じしん)が、狂わされることがあるからだ。

⊃尭阿垢襪發里箸、強力な磁力(じりょく)を発生するものが近くにある場合、羅径を用いてはならない、振動や磁力によって、羅径の磁石が狂わされるからだ。洗濯機(せんたくき)などの家電製品が動いているすぐ横などは、要注意だ。地磁気が異常に強い場所なども同じである。

M綏造涼羶瓦砲△觴Э砲、ひとりでに回転して止まらない場合は、その場所の理気になんらかの異常があるから、それ以上見てはならない。´△里匹舛蕕任發覆い里砲海慮従櫃起こるのは、その場所の陰気が異常に強いためだという。その多くはオカルチックなものが原因なので、宗教家でもない風水師が、これに関わってはいけないというのだ。

仙道風水術 尋竜の法 高藤聡一郎著 学研 P168

まとめますと風水師は心霊現象には関わるべきではないと言う事でしょうか?
風水の鑑定は霊能力ではありませんので心霊現象には立ち入るべき問題ではないことを言っています。ただ、風水を改善することで気の流れが良くなり、心霊現象が起きにくい環境にすることは可能ですが、それで心霊現象が解決するかとなれば、話は別となります。そのため、心霊現象や怪奇現象の解決を求めているのであるならば、風水に頼るべきではありません。

また、風水の本には、この家は〇〇が起きやすいと言った内容のことがよく書かれています。流派にもよりますが〇〇の年や〇〇の月に〇〇のことが起きやすいと言った内容が書かれていることもあります。その内容は経済的な問題であったり、人間関係であったりと様々ではありますが、基本的には風水で運勢を判断することはあまりないと思います。一般的には四柱推命や紫微斗数などで相談者の運勢を参考にしがら最終的な判断をします。

つまり風水が少々悪くても相談者の運気が強ければ、問題が起きる確率は低くなりますが、相談者の運気が低迷する時期と重なると問題が起きる可能性が高くなります。衛生状態が悪い環境でも体力があれば病気にならなくても体力が弱っている場合には病気になるのと同じです。

風水とは何かを説明しようと思って書き始めたのですが、何ともまとまりのない話となりました。風水は占いの一種のように思われたり、怪奇現象を解決できるのではないかと思われることも多いと感じています。風水とは何かを説明しようとしますと「気」とは何かから説明しなけれぱならなくなりますが、「気」とは何かを説明するのは容易ではありません。

そのため、風水とは何かに関しては、専門家に方にお任せすべきかと・・・・(- .-)ヾ ポリポリ

at 09:49, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(1), -, pookmark

風水と奇門遁甲9(星)

風水の専門家でもないのに風水の話ばかり投稿していることに何となく罪悪感を感じております。

本当に良いのだろうか α~ (ー.ー") ンーー

しかし、専門家ではないから書くことができるとも言えます。

このところ、投稿している内容は風水の本ではあまり紹介されてない内容ですが、実践的な内容です。そのため、実際に風水の鑑定を仕事にしている方からするならば、あまり公開したくない内容かもしれません。管理人にしてもトランプやタロット・カードで実践的なカードの解釈をブログで投稿するかとなれば、まず公開しないと思います。

そのため、風水の鑑定はしていますが、風水の鑑定の売り上げには頼っていないことから投稿できると言ったところでしょうか。

それはさておき・・・・・

2008.03.22 の記事ですから随分と前の投稿ですが、同じ道路に面し、距離も車2・3分程度の距離と立地条件が同じような2軒のラーメン店の話を投稿したことがあります。業種、開店時期、立地条件もどちらもほぼ同じなのに、一方の店舗は繁盛し、もう一方の店舗は2年と持たずに閉店となりました。その後も別のラーメン店が開店しましたが、2年程度で閉店、そして次も別のラーメン店が開店しましたが、また同じように閉店しました。

繁盛している店の方が美味しく、閉店した店は不味かったと言えば、それまでなのですが、繁盛している店は、閉店したコンビニの建物をそのまま流用した店舗であり、閉店したラーメン店は新築の店舗でした。そのため、店構えだけを見るならば、繁盛している店の方が閉店になりそうなのですが、結果は逆でした。

そこで風水が影響しているのだろうかと考えて調べましたところ、繁盛している店舗の立地の風水は大吉であり、閉店したラーメン店の立地の風水は凶であることがわかりました。勿論、建築図面を確認してませんので店内の風水を調べてはいませんが、立地条件は大きく異なりました。

少し専門的となりますが、2軒の店舗は共に道路の南側にあることから飛星派では共に離宅局と考えます。ここまでは2軒とも同じなのですが、2軒の店舗の間に学校があることから風水の観点から見た立地条件は大きく異なります。

繁盛している店舗は大学の西側にあり、閉店した店舗は学校の東側にあります。風水では学校の様に大きなビルは山と見なし、住宅や店舗は山の影響を受けると考えます。そして山は方位によって8種類に分け、住宅や店舗との五行の相性で吉凶を判断します。

この場合には、繁盛している店から見ますと学校は東側にあることから震宅山となりますが、離は五行では火となり、震は五行では木となります。五行説では木は火を生むことから繁盛している店と学校の相性は大吉となります。

これに対して閉店した店から見ますと学校は西側にあることから兌宅山となります。兌は五行では金となりますが、火は金を剋することから大凶となります。そのため、一般的に考える立地条件ほぼ同じなのですが、風水の観点から見ますと立地条件が大きく異なります。

その後、閉店したラーメン店の後に理髪店が開店しました。今度の店はどうだろうかと思っていたところ、閉店することもなく順調に営業されているようです。勿論、経営状態がわかるはずもありませんが、少なくとも3年以上は経営されています。

そこで閉店したラーメン店と理髪店では何が違うのかが気になりました。当然のことながらラーメン店と理髪店では水道設備や給湯器の配置が全くことなることから店内の風水は大きく異なります。そのため、比較することには無理がありますが、学校との風水が悪いことは変わりません。

そこで理髪店の周辺のビルを見直しましたところ、通りの奥ですが東北に大きな総合病院がありました。東北のビルは艮宅山となり、艮は五行説では土となります。火は土を生むことから理髪店との相性は悪くありません。しかし、この総合病院は最近建てられた病院ではなく、ラーメン屋が閉店した当時には既にありましたので、これが理由とは思われません。

次にラーメン店と理髪店の職種の違いが風水の差となったのだろうかと考えました。風水では、ラーメン店は兌、理髪店は離と考えます。そのため、離宅はラーメン店よりも理髪店の方が相性が良いことになります。しかし、繁盛しているラーメン店も離宅であることから決め手にはなりません。

そこでもう一度資料を調べたところ、どうも職種の違いが原因であると分かりました。現在は理髪店と学校との関係は、火剋金の大凶であり、閉店したラーメン店と事情は同じです。では何が違うかと言いますと、職種の違いで凶意に差があることでした。

この場合には、離宅局が兌宅山を剋しています。勿論、飲食的以外の職種であっても凶ではありますが、兌に分類される職種の場合には致命傷となります。ラーメン店に限らず、飲食店は兌となりますので、兌宅山を剋す風水の立地は、飲食店にとっては致命的となります。

それに対して理髪店は八卦では兌でなく、離となりますので飲食店に比べますとダメージは軽減します。また、職種と宅局が一致することもダメージが軽減する要因となります。そのため、現在の理髪店の方は、閉店したラーメン店に比べますとダメージはかなり軽減することが繁盛されている理由ではないかと思われます。

まとめますと下記のようになります。

繁盛しているラーメン店
学校との関係 離宅局震宅山 大吉 
職種と宅局のと相性 凶

閉店したラーメン店
学校との関係 離宅局兌宅山 大凶 特に飲食店は致命傷
総合病院との関係 離宅局艮宅山 吉
職種と宅局のと相性 凶

理髪店
学校との関係 離宅局兌宅山 大凶
総合病院との関係 離宅局艮宅山 吉
職種と宅局のと相性 吉

at 12:06, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(1), -, pookmark

風水と奇門遁甲8(星)

風水の専門家ではありませんので、続ける気持ちはなかったのですが・・・・

とうとう8回目・・・・α~ (ー.ー") ンーー

風水の専門家の方々からするならば、素人が何を分かったようなことを言っているのかと怒られそうですが・・・・・

(@@;))))〜〜(((((;@@) うろうろ

とっても、風水の大家の先生方であるならば、管理人のような人間が何を書いたところで、一々相手にしないのではないかと考えております。

それはさておき・・・・・・

オカミ様、コメント有難う御座います。
知り合いの店の風水は、まだ鑑定してません。
蔦もお盆休みに取り除くと聞いていますので、売り上げの推移もこれからと言ったところです。
そのため、結果をお伝えできるのはしばらく先になるかと思います。

KTERKT様、コメント有難う御座います。
風水が悪いから蔦が生い茂るのか、蔦が生い茂るから風水が悪くなるのかは、卵が先か鶏が先かの問題と一緒であり、どちらが先かとは決めにくい問題です。ただ、風水が悪化すると蔦が生い茂ったり、ごみの不法投棄がされたりしやすくなるようです。

蔦殺(蔦が生い茂ることでもたらされる運気の低下)に関しては、「風水鑑定1 子の巻 風水的なものの見方を知る 成合 弘著」に詳しく紹介されています。この本は風水の本には珍しく形殺を詳しく解説した本です。

写真も豊富であり、形殺とは何かを具体的に知ることができる貴重な本ではありますが、取り上げているのが「蔦殺」と「槍殺」と「鎌刀殺」の三種類だけです。しかし、この三種類の形殺を豊富な事例で紹介されていますので、形殺の種類の少なさを補って余りあるといったところです。

尚、風水の本には必ずと言って言いほど紹介されている形殺の代表が「槍殺」と「鎌刀殺」ですが、少し紹介させて頂きます。

槍殺
建物がT字路の正面にある場合や袋小路の突き当たりにある場合。
交通量が激しく、道路の距離が長いと凶意が強くなります。 
家族の落ち着きがなくなり、焦りから失敗を繰り返したり、突然の事故や病気に巻き込まれる。
破財に見舞われる可能性が大きい。

鎌刀殺
弓なりに湾曲し、その円の外側に建物が面している。
高速道路のように走行速度が速い場合や交通量が多いと凶意が強くなります。
精神不安定、不眠症、落ち着かない、怪我、妨害に遭い悩まされる。

この他にも色々な形殺がありますが、「槍殺」や「鎌刀殺」で検索されますと他にも色々な形殺が紹介されているサイトが見つかります。そのため、今回はあまり知られていない形殺を「実用 正統風水百科 鮑黎明著」からご紹介させて頂きます。

双口門(そうこうもん)
一軒の家に二つの玄関があるのは、親子の情愛が薄れることを意味する。子供は親不孝となり、親子の仲は険悪となる。現代の二世帯住宅にしばしば見られる造りである。

前後有枯樹(うこじゅ)
家の前、または後方に枯れ木があると、腫瘍、喘息を患うことになる。生命力が低下するため、自殺に走る者が出る。とにかく災難に遭いやすいという暗示がある。

前面破砕
家の前方や後方に空き家があったり、木材・工具・雑貨置場など、雑然とした場所があるような家。
このような家では、金銭は貯まらず、病気は慢性化。家族が離散して、住人が定まらない。


実用 正統風水百科 鮑黎明著 PHP研究所

「双口門(そうこうもん)」は一軒の家に二つの玄関があれば、親子の会話が減り、疎遠になりやすいと言う現実的な問題ではないかとも思えますが、これも先人の知恵と言うべきでしょうか?

「前後有枯樹(うこじゅ)」と「前面破砕」は蔦殺と同じように陰の気が強すぎることが招く災いと言ったところでしょうか。

「開運の方法」の中でも不用品や嫌な想い出のある品物の処分や整理をお勧めしておりますが、これは風水で言うならば、強すぎる陰の気を減らすのと同じことであると言えます。風水の対策と言いますと、何かと大掛かりになりやすいのですが、不用品の処分や整理整頓も風水の改善と言えます。

また、前回は蔦殺の話を書きましたが、庭に生い茂った雑草も大量となりますと蔦殺と同じように運気が低迷する要因となりますのでご注意下さい。

などと書きながら・・・・・

管理人の家の庭には夏草が生い茂っているような・・・・・

(TT; )( ;TT) オロオロ

at 11:47, 星 良謙・子授け地蔵, 占いの話

comments(2), -, pookmark